札響名曲シリーズ ポンマー指揮 田園&運命

コンサート
02 /03 2018
真冬日が10日も続いている札幌。うち5日は最低気温がマイナス10度以下です。今冬は寒いですね。そんな厳冬期ですが、今日は午前中にカーポートの雪下ろしを終え、午後は札響の名曲コンサートを聴きに行ってきました。

■ 札響名曲シリーズ

 ベートーヴェン 交響曲第6番ヘ長調「田園」
 ベートーヴェン 交響曲第5番ハ短調「運命」

 マックス・ポンマー(指揮)

 2018年2月3日(土)14時
 札幌コンサートホールkitara

マックス・ポンマー氏の首席指揮者としての札幌での最終公演ということになりますが、チケットは完売で、会場は満席に近い盛況ぶりでした。1月定期(夜公演)の客入りが悪かっただけに安心しました。

ポンマー氏は2015-16年シーズンに首席指揮者に就任し、これまで定期演奏会ではメンデルスゾーン、シューマン、ブルックナー、マーラー、R.シュトラウスなどのほか、権威として知られるドビュッシーやバッハを取り上げてきて、今回はベートーヴェンです。

さて、演奏はというと、両曲とも早めのイン・テンポを基調とした若々しいもの。同じプログラムで東京公演(2月6日・サントリーホール)に臨むだけあって、完成度の高い演奏でおおいに楽しむことができました。「運命」ももちろん良かったのですが、木管の好調なソロや、繊細な弱音から迫力のある「嵐」まで振幅の大きな表現で聴かせてくれた「田園」により惹かれるものがありました。

アンコールはポンマーさんお得意のバッハ。管弦楽組曲第3番からアリアです。これもとても良かった!。

今日は終演後、早々に席を立つ人も少なく、皆ゆったりと音楽を愉しみ、ポンマーさんとの別れを惜しむような演奏会の雰囲気でした。


札響第606回定期 ポンマー指揮 スコットランドほか

コンサート
01 /28 2018
■ 札幌交響楽団第606回定期演奏会

 ラウタヴァーラ 鳥と管弦楽のための協奏曲「極北の歌」
 モーツァルト ピアノ協奏曲第24番
 メンデルスゾーン 交響曲第3番「スコットランド」

 マックス・ポンマー(指揮)
 小菅優(ピアノ)

 2018年1月26日(金)19時
 札幌コンサートホールkitara

1曲目「極北の歌」はオーケストラにラウタヴァーラ自身が撮った様々な鳥の声(録音)が加わるもので、「湿原」、「メランコリー」、「白鳥が渡る」の3楽章からなる作品。今回はこの幻想的な音楽を聴けただけでも演奏会に足を運んだ価値があると思えるほど良かったですね。

2曲目は先週のN響に引き続いてのモーツァルトの短調のピアノコンチェルト。今回は第24番です。小菅さんを聴くのは初めてですが情感たっぷりに音楽に没入する演奏が印象的でした。アンコールにはメンデルスゾーンの無言歌よりヴェネチアの舟歌第3番が演奏されました。

メインの「スコットランド」は生で聴くのは、ネヴィル・マリナー氏の札響客演以来です。ポンマーさんの指揮で特徴的だったのは第2楽章のテンポがかなり速かったことと、楽章間を続けずに休みを入れて演奏したことでしょうか。全体の中では後半の2つの楽章が好印象で、第3楽章のトランペット、終楽章コーダのホルンの力強い演奏が締まった印象を与えていたと思います。

今回の定期は夜公演に加え、日中の悪天候のせいか、かなり空席が目立つものでした。



N響第1877回定期

コンサート
01 /21 2018
DSC04575201801211945.jpg

◼️NHK交響楽団第1877回定期演奏会

 R.シュトラウス 交響詩「ドン・ファン」
 モーツァルト ピアノ協奏曲第20番
 R.シュトラウス 歌劇「ばらの騎士」組曲
 ラヴェル ラ・ヴァルス

 ダーヴィト・アフカム(指揮)
 小山実稚恵(ピアノ)

 2018年1月18日(木)19時
 サントリーホール


首都圏の親戚宅に行くついでに、なんとか都合をあわせてN響のB定期を聴きに行ってきました。特に「ばらの騎士」組曲が楽しみだったのですが、期待どおりのスケールの大きい豊潤な響きにどっぷり身を浸して音楽に聴き入ることができました。さすがはN響ですね。中でも弦とホルンは見事でした!。「ドン・ファン」やラ・ヴァルスでの管楽器のソロの上手さも聴き終えた後の充実感を高めるものでした。

それから小山さんのモーツァルトもとても素敵でした。第2楽章のサクサクとしたテンポ運び、第3楽章の力強いタッチ。ベートーヴェン作のものを使った両端楽章のカデンツァは緩急強弱自在の演奏ですっかり魅了されました。アンコールにはショパンのマズルカイ短調op.67-4が演奏されました。

今回指揮をしたアフカムさん(上の写真の真ん中)は、イラン生まれの父とドイツ人の母の下、ドイツのフライブルグに生まれた35歳。N響初登場だそうですが相性はとてもいいと感じました。お客さんの入りも9割といった様子でした。


サロネン/LAP ドビュッシー 管弦楽のための「映像」

聴いている音楽
12 /29 2017
今冬の札幌は寒い日が多いですが、幸いにも積雪は少なく、雪かきもそれほど大変ではなく助かっています。新千歳空港が大混乱に陥るということもないようで、このまま年末年始も行ってくれるといいですね。

さて、音楽はエサ=ペッカ・サロネン指揮、ロサンジェルス・フィルハーモニックの演奏で、ドビュッシーの管弦楽のための「映像」を楽しんでいました。1996年・ソニーへの録音。

DSC04571201712291037.jpg

きっちり統率されたアンサンブルと透明感のあるサウンドに加え、管楽器の個々のプレイヤーの力量もあるようで、聴いていて素直に「上手いなぁ」と感じました。ドビュッシーが楽譜に込めた情景や印象のイメージが音となって自然に耳に入って来る演奏は本当に気持ちのいいものがあります。

1992年から2009年まで音楽監督にあったサロネンとLAPのコンビは任期後半にはとても評価が高かったと記憶しています。現在は桂冠指揮者の称号を得ているようですね。


プレヴィン/VPO ドヴォルザーク スラヴ舞曲集

聴いている音楽
12 /09 2017
現在積雪30センチほどの札幌。今年は寒いですね。11月下旬から真冬日が10日も。今日も最低-9度、最高-0.9度でした。

さて、最近、通勤時を中心に聴いているのはプレヴィンのスラヴ舞曲集。

ボヘミア、ウクライナ、スロヴァキアなどの民族舞曲を素材に作り上げたドヴォルザークの出世作ですが、プレヴィン盤は舞曲の快活さにエレガントな歌を加え、都会的で洗練された仕上がりになっていると思います。弦の美しさは作品72の第2番ではもちろんのこと、全16曲の最後同第8番でのこぼれ落ちるようなニュアンスなど、聴くたびに、はっとします。

このコンビのディスクは、これまでもいくつかブログに書いてきましたが、相性がぴったりなんでしょうね。素晴らしいの一言です。