札響第604回定期 エリシュカ指揮「シェエラザード」ほか

コンサート(札響)
10 /28 2017
■ 札幌交響楽団第604回定期演奏会

 スメタナ 歌劇「売られた花嫁」序曲
 ドヴォルジャーク チェコ組曲
 リムスキー=コルサコフ 交響組曲「シェエラザード」

 ラドミル・エリシュカ(名誉指揮者)
 
 2017年10月27日(土)14:00~
 札幌コンサートホールkitara

秋晴れの中、2006年以来11年にわたり札響と良好な関係を築いてきたマエストロ、エリシュカ最後の来日、そして日本での最終公演を聴いてきました。

まず、マエストロはお元気で、指揮ぶりもこれまでの公演と同じく颯爽としたもの。聴かせてくれる音楽も生気に満ち溢れたものでした。最後の来日とは惜しい限りですが、高齢ですから体にかなり負担はかかっているのでしょう。

演奏会自体は最終公演にふさわしく素晴らしく、思い出に残るものになりました。

今回はやはりメインのシェエラザードに尽きます。エリシュカさんの希望で、当初予定のベートーヴェンの「英雄」から札響に初めて客演した際に振った思い出のこの曲に変更になったとのことです。エリシュカさんの指揮は結構デフォルメを効かせた濃厚な印象を受けました。この曲はこれぐらいの方がドラマティックな面白さが際立つように思います。オーケストラも厚みもあって力強く、アンサンブルもきっちり決まって、マエストロの最後の公演に高いパフォーマンスで応えていたように感じました。美しいソロを聴かせてくれたコンマスの田島さんも素晴らしかったですし、ファゴットの坂口さんやトランペットの福田さんなど管楽器のソロもとても良かったです。

「バグダッドの祭、海、青銅の騎士の立つ岩での難破、終曲」で音楽がクライマックスに向けて次第に盛り上がっていくところで、「これで最後かぁ」という実感が湧いてきました。演奏後、万雷の拍手とスタンディングオーベイションで称えられていたマエストロ。その指揮ぶりや息遣いを記憶にとどめておきたいと思った演奏会でした。


ロメウス弦楽四重奏団 第4回演奏会

コンサート
10 /21 2017
DSC04533201710210935.jpg


■ ロメウス弦楽四重奏団 第4回演奏会

 ベートーヴェン 弦楽四重奏曲第2番 ト長調 作品18-2
 ベートーヴェン 弦楽四重奏団第7番 ヘ長調 作品59-1 「ラズモフスキー第1番」

 市川映子(第1ヴァイオリン)、坪田規子(第2ヴァイオリン)
 物部憲一(ヴィオラ)、廣狩理栄(チェロ)

 2017年10月20日(金)19:00~
 北海道立文学館

これから3週連続の演奏会です。はじめは元札響コンマスの市川さん、客演団員の坪田さん、現役団員の物部さんと廣狩さんによるカルテット。第1回演奏会の時に「ベートーヴェンをやりたい」とのお話があったとおりオール・ベートーヴェン・プログラム。今回は中期の傑作ラズモフスキー第1番がメインです。

今回初めて知りましたが2番は実際には3番目に作られた曲なのですね。優美な曲調は少しベートーヴェンのイメージと違うようにも感じられますがいい曲だと思います。今回少し勉強してから生で聴いてみたのですが、多少なりとも曲の理解が進んだように思います。

後半のラズモフスキー第1番はプログラムにも「弦楽四重奏の歴史における一大傑作」、「素晴らしさを何と形容したらよいか判らない」とありましたが、自分も聴くたびに実感します。当時の人もこの深みとスケール感には相当驚いたのではないでしょうか。もちろん第1楽章が一番いいのですが、今回は第3楽章、第4楽章にも大変惹かれるものがありました。前者の物悲しい響きは生で聴くととても心に響くものがありましたし、第4楽章はロシア民謡の主題がベートーヴェンによって芸術性の高いものに引き上げられているように思いました。演奏もすごく良かった!。約40分の大作を堪能させていただきました。

定期的にベートーヴェンの弦楽四重奏を聴くことができるのは、とても貴重な体験で、これからも一曲一曲聴きこんでコンサートに通うのを楽しみにしていきたいと思います。


札響&アルゲリッチ(Pf)のプロコフィエフ

聴いている音楽(札響)
10 /15 2017
以前にも一度記事にしたフォンテック×タワーレコードの企画もののディスクを聴いてみました。

■ 札響アーカイブシリーズ第Ⅰ期③
 
 1. プロコフィエフ ピアノ協奏曲第3番 ハ長調 Op.26 *
 2. モーツァルト 交響曲第35番 ニ長調 「ハフナー」
 3. モーツァルト 交響曲第38番 ニ長調 「プラハ」

 ペーター・シュヴァルツ(指揮)
 マルタ・アルゲリッチ(ピアノ) *

1は1970年1月の第91回定期、2は2月の第92回定期、3は4月の第94回定期のライヴ録音です。会場はすべて札幌市民会館です。

まず1961年に札響が発足して10年も経たずにアルゲリッチと共演してしまうなんてすごいと思いました。ライナーノーツにはこの時点ですでにランパル(Fl)、スーク(vn)、タックウェル(hr)らとも共演したとあり、驚きです。

さて、演奏はというと、プロコフィエフではオーケストラがパワー不足の感もありますが、アルゲリッチの切れ味鋭い生気溢れるピアノに聴き入ってしまいました。さすが!。

モーツァルトはしっかりとしたアンサンブルでウィーン出身の第2代常任指揮者シュヴァルツ氏が一曲一曲精魂込めて仕上げていったことが感じられました。シュヴァルツ氏については、私自身1991年の札響客演時のブルックナーの第8番に非常に感銘を受けた記憶があります。同氏が70年代の札響発展に尽力された功績は大きいと認識できるディスクだと思います。


シェリング(vn) J.S.バッハ 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ

聴いている音楽
10 /12 2017

仕事が落ち着いたので、このこところは家族と一緒に夕食がとれています。今はやりのワーク・ライフ・バランス上も良いこと。

そんなわけで夕食後は、ゆったりとした気持ちで色々音楽を聴いているわけですが、本日聴いていたのはJ.S.バッハの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータのCDからソナタの方の3曲。演奏はヘンリク・シェリングによるもの。1967年のグラモフォンへの録音です。

ヴァイオリンは昔、数年習っていた時期があったのですが、結局のところ、いい演奏を聴き分ける耳すら肥えませんでした(笑)。シェリング盤は年代のわりに録音もよく、一音一音心に沁みる良い演奏に感じます。半世紀を経てもなお、皆が支持する名盤というのもわかります。


デュトワ/モントリオール響 ファリャ「三角帽子」

聴いている音楽
10 /08 2017
本日聴いていた音楽は、ファリャのバレエ音楽「三角帽子」全曲。シャルル・デュトワ指揮、モントリオール交響楽団による演奏。DECCAの1981年の録音。

学生時代に吹奏楽をやっていましたが、その当時、吹奏楽のためのオリジナル作品ではないオーケストラ作品の編曲ものとして、この「三角帽子」の粉屋の踊りと終幕の踊りが大流行りでした。レスピーギのシバの女王ベルキスなんかもそうですが、オーケストラ作品では演奏会で取り上げられる機会は多くないですね。最近ではN響の1月の定期でファンホ・メナさんという指揮者がこの曲を振っていましたけど。

聴きやすいですし、いい曲です。演奏効果も高くて盛り上がります。初演は1919年ということで100年たっていないとは改めて驚きです。デュトワ/モントリオール響はオーケストラを軽く、明るく鳴らしていて、爽快感を感じます。

明日は三連休最終日、良い天気が続きそうです。