エリシュカ/札響 チャイコフスキー交響曲第5番ほか

聴いている音楽(札響)
11 /18 2017
最近は札響のディスクを聴いていました。

2016年10月の定期演奏会のライヴ録音です。チャイコフスキー第5番、ドヴォルジャークの「スケルツォ・カプリチオーソ」、スメタナの交響詩「ワレンシュタインの陣営」と、演奏会当日とちょうど逆の順番で収録されています。青空と麦畑、拡がりを感じる気持ちの良いジャケットも秀逸だと思います。

エリシュカさんのチャイコフスキー。がっしりした骨格をもった立派な演奏ですが、その中にあって第2楽章は、よく歌っていて、特に全オーケストラの強奏後のピチカート、そして弦と管楽器が絡み合う美しい音楽から楽章終結にかけては、とても素晴らしく感じました。

「スケルツォ・カプリチオーソ」は何と言ってもテンポの良さが気に入っていますし、ホルンセクションの健闘も光ります。「ワレンシュタインの陣営」は色々な曲想が鮮やかに演奏されています。中間に出てくるトランペットのファンファーレも秀逸だと思います。自分自身なじみが薄い曲ですが、ディスクで繰り返し聴くことで曲のつくりもよくわかります。ライヴに接していても、ディスクを買い、繰り返し聴くことには意味があるとあらためて感じた次第。

札幌は朝方5センチほど積雪となりましたが、今は晴れて気温も上がり雪は解けました。音楽を聴いている書斎にも明るい日差しが差し込んでいます。


スポンサーサイト

札響名曲シリーズ2018-2019

音楽
11 /15 2017
初回のバーメルトさんの回は小品的なものばかりで、変わった構成かなと思いましたが、その他は「寄港地」、「三角帽子」、ハイドンの「ロンドン」、「エル・サロン・メヒコ」など、近年ないぐらい魅力的なプログラムだと感じています。

ソリストでは6月の三浦文彰さんや10月の村治奏一さんがやるラロやテデスコはライヴを楽しみたいと思いましたし、最終回には函館出身の岡田奏さんが登場します。彼女に関しては、今年9月に広上&仙台フィルとともに函館でコンサートがあり、行きたかったのですが、仕事の都合で断念したこともあり、札幌なら聴き逃したくないと思いました。

「マエストロ入場でず」 4月21日(土)
フチーク 剣士の入場
ストラヴィンスキー サーカス・ポルカ
ハイドン 交響曲第82番「熊」第4楽章
レスピーギ めんどり
リムスキー=コルサコフ 熊蜂の飛行
カバレフスキー ギャロップ
グノー 「ファウスト」のワルツ
ブリテン マチネ・ミュージカルズ
ロッシーニ 「ウィリアム・テル」序曲
指揮:マティアス・バーメルト

「VIVA!スペイン」 6月2日(土)
ビゼー カルメン第1組曲
ラロ スペイン交響曲
イベール 寄港地
シャブリエ 狂詩曲「スペイン」
ファリャ 「三角帽子」第2組曲
指揮:広上淳一 ヴァイオリン:三浦文彰

「セプテンバーinロンドン」 9月8日(土)
C.P.Eバッハ シンフォニアト長調
ハイドン 交響曲第104番「ロンドン」
ドヴォルジャーク 交響曲第8番
指揮:鈴木秀美

「フロンティアの彼方に」 10月13日(土)
バーンスタイン シンフォニック・ダンス
テデスコ ギター協奏曲第1番
コープランド エル・サロン・メヒコ
ガーシュウィン 交響的絵画「ポーギーとベス」
指揮:秋山和慶 ギター:村治奏一

「愛を奏でるラフマニノフ」 2019年2月23日(土)
芥川也寸志 弦楽のためのトリプティーク
ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番
ムソルグスキー 組曲「展覧会の絵」
指揮:尾高忠明 ピアノ:岡田奏


アルバンベルクQ.のハイドン「皇帝」

聴いている音楽
11 /10 2017

結構バタバタした一週間が終わり、夕食後、コーヒーを飲みながら音楽を楽しんでいました。

聴いていたのはアルバン・ベルク四重奏団が演奏するハイドンの弦楽四重奏曲第77番ハ長調作品76-3「皇帝」です。ABQは1973年にもテルデックにも録音していますが、本日聴いていたのは90年代前半にEMIに録音したものです。完璧なまでに整えられたアンサンブルで凛とした美しさを感じる演奏だと思います。そうそう、このジャケット写真が一番雰囲気を伝えているかもしれません。

札幌の街は街路樹の葉もだいぶ落ちてきて晩秋の雰囲気です。低気圧の通過で土曜は大荒れ、日曜は雪の予報が出ています。


札フィルのブルックナーを聴く

コンサート
11 /03 2017
DSC04564201711031807.jpg
■ 札幌フィルハーモニー管弦楽団第57回定期演奏会

 オッフェンバック(ロザンタール編) バレエ音楽「パリの喜び」より
 ブルックナー 交響曲第8番ハ短調(第2稿ハース版)

 指揮:松浦修

 2017年11月3日(金・祝)
 札幌コンサートホールkitara


文化の日は札幌で一番歴史の古いアマオケを初めて聴いてみました。聴いてみたいと思ったきっかけはオッフェンバックとブルックナーというプログラムのセンスに惹かれたからです。

「パリの喜び」は吹奏楽では結構やられていますが、オーケストラの生演奏を聴くのは初めてで、とても楽しみでした。8曲の抜粋でしたが、「序曲」冒頭のふわっとした軽妙な感じの音の作りに好感が持てました。全体的に良かったのですが、中でもオーケストラ全体がとても歌っていた「Valse lente」はすごく美しかったですね。

後半は「ブルックナー第8番」。技量も体力も必要とする大曲・難曲ですが、しっかりオーケストラを鳴らせていて健闘していたと思います。特にヴァイオリンセクション、フルートとホルンのトップの方は上手いと感じました。ホルン8のうち4本が持ち替えるワーグナー・チューバは難しい楽器なのでしょうね。だいぶ苦戦していたようです。ブル8を生演奏であらためて聴くとワーグナー・チューバの出てくるところなどがよくわかって非情に興味深かったです。


札響2018-2019定期演奏会プログラム

音楽
11 /01 2017
札響の来期の定期演奏会のプログラムが発表されました。抜群の集客力があったエリシュカさんの登場がなくなり、客足が遠のくことも懸念される中、全体的にメインプログラムに人気曲が選曲されていることや、コンチェルトが例年になく多い印象をうけました。

個別のプログラムでは、アルプス交響曲(4月)、ブルックナーの第3番(5月)、フォーレのレクイエム(9月)は好きな曲なので絶対に聴き逃せません。その他は、今井信子さんを20年ぶりぐらいに聴ける(8月)のも嬉しいですし、渋いところではポンマーさんのシューマン(11・12月)や広上さんのオール・ラヴェル(2月)も興味深いと思いました。


第608回 4月27日(金)、28日(土)
モーツァルト 交響曲第29番
R.シュトラウス アルプス交響曲
指揮:マティアス・バーメルト

第609回 5月18日(金)、19日(土)
ショパン ピアノ協奏曲第1番
ブルックナー 交響曲第3番(1877年第2稿)
指揮:高関健、ピアノ:シャルル・リシャール=アムラン

第610回 6月22日(金)、23日(土)
ドヴォルジャーク チェロ協奏曲
チャイコフスキー 交響曲第6番「悲愴」
指揮:飯守泰次郎、チェロ:石坂団十郎

第611回 8月24日(金)、25日(土)
ヴォーン=ウィリアムズ タリスの主題による幻想曲
エルガー チェロ協奏曲(ヴィオラ版)
ウォルトン 交響曲第1番
指揮:尾高忠明、ヴィオラ:今井信子

第612回 9月21日(金)、22日(土)
細川俊夫 瞑想~3月11日の津波の犠牲者に捧げる
ドビュッシー 管弦楽のための映像
フォーレ レクイエム
指揮:マティアス・バーメルト

第613回 10月26日(金)、27日(土)
モーツァルト 「魔笛」序曲
ブルッフ ヴァイオリン協奏曲第1番
ベートーヴェン 交響曲第3番「英雄」
指揮:小泉和裕、ヴァイオリン:クララ・ジュミ=カン

第614回 11月30日(金)、12月1日(土)
メンデルスゾーン 交響曲第5番「宗教改革」
バッハ ピアノ協奏曲第1番
シューマン 交響曲第3番「ライン」
指揮:マックス・ポンマー、ピアノ:マルティン・シュタットフェルト

第615回 2019年1月25日(金)、26日(土)
モーツァルト セレナータ・ノットゥルナ
マルタン 7つの管楽器、打楽器、弦楽のための協奏曲
ブラームス 交響曲第2番
指揮:マティアス・バーメルト

第616回 2月15日(金)、16日(土)
ラヴェル 道化師の朝の歌
ラヴェル ピアノ協奏曲
ラヴェル 古風なメヌエット
ラヴェル 左手のためのピアノ協奏曲
ラヴェル ラ・ヴァルス
指揮:広上淳一、ピアノ:ジャン=エフラム・バウゼ

第617回 3月15日(金)、16日(土)
ペンデレツキ 広島の犠牲によせる哀歌
ショスタコーヴィチ ヴァイオリン協奏曲第1番
ストラヴィンスキー 春の祭典
指揮:クシシュトフ・ウルバンスキ、ヴァイオリン:アレクサンドラ・スム