ヤルヴィ/シンシナティ響  プロコフィエフ交響曲第5番

聴いている音楽
11 /25 2017


パーヴォ・ヤルヴィ指揮、シンシナティ交響楽団によるテラークへの2007年の録音です。シンシナティ響はヤルヴィの音楽監督時代に多数の録音を残し、対外発信も多かったように思いますが、その後はぱったり聞かなくなりました。余談ですが娘はクラシック音楽館でN響定期を振るヤルヴィが映るたびにプーチン大統領だと言います(笑)。

アメリカのオーケストラらしく腕達者で近現代ものに強い印象ですが、全体的に柔らかい録音で、機械的な冷たさが際立つことがなく、ゆったりとスケールの大きな音楽を築いているように思います。「キージェ中尉」ではさらに録音の良さを実感できると思います。

札幌は朝から雪。現在気温マイナス3度、積雪16センチです。今年は根雪が早そうです。



エリシュカ/札響 チャイコフスキー交響曲第5番ほか

聴いている音楽
11 /18 2017
最近は札響のディスクを聴いていました。

2016年10月の定期演奏会のライヴ録音です。チャイコフスキー第5番、ドヴォルジャークの「スケルツォ・カプリチオーソ」、スメタナの交響詩「ワレンシュタインの陣営」と、演奏会当日とちょうど逆の順番で収録されています。青空と麦畑、拡がりを感じる気持ちの良いジャケットも秀逸だと思います。

エリシュカさんのチャイコフスキー。がっしりした骨格をもった立派な演奏ですが、その中にあって第2楽章は、よく歌っていて、特に全オーケストラの強奏後のピチカート、そして弦と管楽器が絡み合う美しい音楽から楽章終結にかけては、とても素晴らしく感じました。

「スケルツォ・カプリチオーソ」は何と言ってもテンポの良さが気に入っていますし、ホルンセクションの健闘も光ります。「ワレンシュタインの陣営」は色々な曲想が鮮やかに演奏されています。中間に出てくるトランペットのファンファーレも秀逸だと思います。自分自身なじみが薄い曲ですが、ディスクで繰り返し聴くことで曲のつくりもよくわかります。ライヴに接していても、ディスクを買い、繰り返し聴くことには意味があるとあらためて感じた次第。

札幌は朝方5センチほど積雪となりましたが、今は晴れて気温も上がり雪は解けました。音楽を聴いている書斎にも明るい日差しが差し込んでいます。


アルバンベルクQ.のハイドン「皇帝」

聴いている音楽
11 /10 2017

結構バタバタした一週間が終わり、夕食後、コーヒーを飲みながら音楽を楽しんでいました。

聴いていたのはアルバン・ベルク四重奏団が演奏するハイドンの弦楽四重奏曲第77番ハ長調作品76-3「皇帝」です。ABQは1973年にもテルデックにも録音していますが、本日聴いていたのは90年代前半にEMIに録音したものです。完璧なまでに整えられたアンサンブルで凛とした美しさを感じる演奏だと思います。そうそう、このジャケット写真が一番雰囲気を伝えているかもしれません。

札幌の街は街路樹の葉もだいぶ落ちてきて晩秋の雰囲気です。低気圧の通過で土曜は大荒れ、日曜は雪の予報が出ています。


札響&アルゲリッチ(Pf)のプロコフィエフ

聴いている音楽
10 /15 2017
以前にも一度記事にしたフォンテック×タワーレコードの企画もののディスクを聴いてみました。

■ 札響アーカイブシリーズ第Ⅰ期③
 
 1. プロコフィエフ ピアノ協奏曲第3番 ハ長調 Op.26 *
 2. モーツァルト 交響曲第35番 ニ長調 「ハフナー」
 3. モーツァルト 交響曲第38番 ニ長調 「プラハ」

 ペーター・シュヴァルツ(指揮)
 マルタ・アルゲリッチ(ピアノ) *

1は1970年1月の第91回定期、2は2月の第92回定期、3は4月の第94回定期のライヴ録音です。会場はすべて札幌市民会館です。

まず1961年に札響が発足して10年も経たずにアルゲリッチと共演してしまうなんてすごいと思いました。ライナーノーツにはこの時点ですでにランパル(Fl)、スーク(vn)、タックウェル(hr)らとも共演したとあり、驚きです。

さて、演奏はというと、プロコフィエフではオーケストラがパワー不足の感もありますが、アルゲリッチの切れ味鋭い生気溢れるピアノに聴き入ってしまいました。さすが!。

モーツァルトはしっかりとしたアンサンブルでウィーン出身の第2代常任指揮者シュヴァルツ氏が一曲一曲精魂込めて仕上げていったことが感じられました。シュヴァルツ氏については、私自身1991年の札響客演時のブルックナーの第8番に非常に感銘を受けた記憶があります。同氏が70年代の札響発展に尽力された功績は大きいと認識できるディスクだと思います。


シェリング(vn) J.S.バッハ 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ

聴いている音楽
10 /12 2017

仕事が落ち着いたので、このところは家族と一緒に夕食がとれています。今はやりのワーク・ライフ・バランス上も良いこと。

そんなわけで夕食後は、ゆったりとした気持ちで色々音楽を聴いているわけですが、本日聴いていたのはJ.S.バッハの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータのCDからソナタの方の3曲。演奏はヘンリク・シェリングによるもの。1967年のグラモフォンへの録音です。

ヴァイオリンは昔、数年習っていた時期があったのですが、結局のところ、いい演奏を聴き分ける耳すら肥えませんでした(笑)。シェリング盤は年代のわりに録音もよく、一音一音心に沁みる良い演奏に感じます。半世紀を経てもなお、皆が支持する名盤というのもわかります。