アバドのブラームス「運命の歌」

聴いている音楽
11 /27 2013
キタラ

今週は声楽を聴いていました。

■ブラームス 運命の歌 作品54
 指揮:クラウディオ・アバド
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 エルンスト・ゼンフ合唱団
 合唱指揮:エルンスト・ゼンフ
  (DG 1989年録音)

第1交響曲が完成するよりも前、30代の後半の作品ですね。

CDのスキマに入れられいることが多い曲ですが、"ミニ「ドイツレクイエム」"の趣かなと勝手に思っています。

冒頭から惹きつけられますが、『悩み苦しむ人々は消えていきます。落ちていきます』という絶望的な歌詞を含む合唱が終わった後、冒頭の音楽が調を変えて、オーケストラだけ奏でられる部分は天国的でクラクラきます。

アバド盤はオケの響きも豊かで、おおらかな音楽づくり。激しい部分も凝縮するのではなく、広がりを失わないところが好きです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

天国を思わせる

こんばんは!
ブラームスの運命の歌ですか。
名曲ですよね。(^^)
ヘルダーリンの詩も悲劇的過ぎるようにも感じますが、
含蓄が有って良いものですね。
この曲は長い序奏の後、合唱が入るところから既に美しい
です。
ミニ「ドイツレクイエム」・・はい、本当にそんな感じですね。

Re: ★赤影★様へ

こんばんは、コメントありがとうございます。

20分もかからない曲なので、気軽に天国的な気分に浸れます。
憧れに満ちたブラームス節?にやられてしまいますね^^