P.ヤルヴィ/ドイツ・カンマーフィル札幌公演

コンサート(海外オケ)
11 /23 2013
kitara20131121.jpg

昨年のフランクフルト放送響に続いて2回目となるヤルヴィさんのコンサートに行ってきました。

■ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団札幌公演
 ベートーヴェン 歌劇「フィデリオ」序曲
 ベートーヴェン 交響曲第4番変ロ長調
 ベートーヴェン 交響曲第3番変ホ長調「英雄」
 指揮:パーヴォ・ヤルヴィ
(2013年11月21日(木) 札幌コンサートホールkitara)

二管編成。弦楽器の人数は、下手から第1vn(8)、vc(5)、va(5)、第2vn(7)で、下手奥にcb(3)。hrnはフィデリオと第4番が(4)で「英雄」は(3)。timはtpとともに上手に配置というスタイルです。

ヤルヴィさんは全て暗譜での指揮です。

切れ味鋭い生き生きとした演奏で、小編成ならではの弦と管の対等な絡み、ヴァイオリンの対向配置のおもしろさも出ていたと思いますが、それだけではありません。

第4番第2楽章のクラリネットソロは、ノンヴィブラートで奏でられる音の伸び、強弱がデリカシーの極み。一方、「英雄」の葬送行進曲での管やティンパニの強奏強打、慟哭の響きは真に胸に迫るものがありました。

小さい編成での表現の幅の大きさに驚かされました。

ブラボーも多数。アンコールは2曲も!
ブラームスの「ハンガリー舞曲第1番」とシベリウスの「悲しきワルツ」です。静かにタクトを降ろし、2回程うなずくヤルヴィさん。

お客さんの入りが少なく士気に影響しないか少し心配でしたが杞憂でした。

うん。いい!いいですよヤルヴィさん!
満足感を味わって会場を後にしました。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ヤルヴィ最高っす(^^)

ヤルヴィ/ドイツ・カンマーフィルの演奏会とは何とも羨ましい限りです。今、私が一番嵌っているカップルですよ。(^^) CDの通り、ドイツ・カンマーフィルの小編成な布陣での演奏会だったのですね。文面から察するにこのカップルの良さが存分に発揮された演奏会だったようですね。こんな素敵な演奏会に出かけられたsankichi1689さんにブラボーです。(*^_^*)

良かったですね

おはようございます。
ヤルヴィさんとドイツ・カンマーフィルのコンビでの演奏会。
私も以前聞いたことがありますが、明晰なタクトとそれに敏感に
しかも繊細にも大胆にも応じるカンマーフィル、とても魅力的ですね。
曲目も馴染み深い曲ばかりで、楽しかったでしょうね。
非常に羨ましいです。(^^)

こんにちは

sankichi1689さん、こんにちは。

私は昨日読売日響のコンサート行く予定にしていたのですが、結局、仕事の都合がつかずダメでした…。残念。

ヤルヴィ/カンマーフィルといえば今をときめくコンビだというのに空席が目立つとは。クラシックの演奏会を商業的に成功させるのは本当に難しいんですね。CDを聴いても素晴らしい演奏を聴かせてくれますが、実演は格別だったでしょうね。

Re: akifuyu102様へ

こんにちは。コメントありがとうございます。

一番嵌っている!なるほど、そうですね。
今最も旬な組み合わせ、最も注目されている指揮者ですよねっ。
いい演奏会でした(^^)/

Re: ★赤影★様へ

こんにちは。コメントありがとうございます。

>明晰なタクトとそれに敏感にしかも繊細にも大胆にも応じるカンマーフィル

まさに仰るとおりです。第4の終楽章は超がつく快速テンポ。
アンサンブルの乱れもなく、ファゴットも大健闘でした(^^)/

Re: ばけぺん様へ

こんにちは。コメントありがとうございます。

読響は上岡さんのブラームスでしょうか。仕事でしょうがないとはいえ、なんとも残念ですね。

演奏は大満足でしたが、空席は意外でした。
3階席、2階席の奥(上?)の方、1階左右の席はガラガラといっても良い感じで・・・(>_<)