ヤンソンスのレスピーギ「ローマの噴水」を聴く

聴いている音楽
11 /05 2013
あたたかい秋だなと思っていましたが、どうやら来週は札幌も単身赴任先の当地も雪のようです。寒い寒い冬がやってきます。

そんな中、今週、CD棚に手が伸びたのはこれです。

■ レスピーギ 交響詩「ローマの噴水」
  指揮:マリス・ヤンソンス
  オスロ・フィルハーモニー管弦楽団
  (EMI 1995年録音)

 1.夜明けのジュリアの谷の噴水
 2.朝のトリトーネの噴水
 3.昼のトレヴィの噴水
 4.黄昏のメディチ荘の噴水

タイトルを見ているだけで楽しい気分になります。

今をときめくヤンソンスは、1979年から2002年までオスロフィルの音楽監督でした。
「噴水」は、ラトヴィア出身の指揮者が、ノルウェーのオケで録音したイタリア音楽ということになります。

演奏は、洗練され、すっきりした仕上がりになっています。
EMIの録音というのはあまり好きではないのですが、このディスクは録音会場のせいか、とても素晴らしい仕上がりだと思います。

「黄昏のメディチ荘の噴水」なんて、木管楽器のみずみずしい響きから鐘の遠近感までよく捉えられていて、まさに、夕暮れのひととき、すべての音が夜の静けさに消えていく様子を堪能できます。実にいい音楽、いい演奏。

「噴水」は今年の4月にマゼール/ミュンヘン・フィル札幌公演でやりましたが、こういう曲は、家で目を閉じてあれこれ想像しながら聴くのがいいですね。

季節感がまるでありませんが、真夏の旭川・常盤公園
tokiwapark-hunsui.jpg

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんばんは

sankichi1689さん、こんばんは。

いよいよ関東も朝晩肌寒くなってきました。といってもまだ余裕で二桁の気温なので北海道の寒さとはまったく比較になりませんが。

レスピーギのローマ三部作、とっても有名曲なのですが、実はまだどの曲も一度も聴いたことがありません…。ずっとマイナーなマニアックな曲はたくさん聴いているというのに。

この記事を読んで近いうちに絶対聴いてみようと思いました。

Re: ばけぺん 様へ

こんばんは。コメントありがとうございます。

私は吹奏楽出身なので「松」「祭」もなじみですが、
クラシック音楽と言っても幅が広いですからね。

ばけぺんさんのブログを拝見しますと、
オーケストラの大規模曲がお好きなのかなと思っておりましたので、
お気に召すのではないかと思います。
トスカニーニやムーティ盤の評判が高いようですね。