ブロムシュテット/サンフランシスコ響のブルックナー「ロマンティック」を聴く

聴いている音楽
10 /29 2013
ブロムシュテットが1985年から95年まで音楽監督をつとめたサンフランシスコ響とのコンビで、コンナノ聴いておりました。

■ ブルックナー 
  交響曲第4番 変ホ長調 「ロマンティック」
  (ハース版/1886年ニューヨーク版との融合による)
 
  指揮:ヘルベルト・ブロムシュテット
  サンフランシスコ交響楽団
  (LONDON 1993年録音)

ブロムシュテット・SFS・ロマンティック
〈ブロムシュテットさん、奈良美智さん作の「あおもり犬」のポストカードとともに〉

もちろん、ドレスデンやゲヴァントハウスとのコンビも素晴らしいと思っていますし、特に後者は、kitaraでブルックナーの「第5」を聴いて、ものすごく感動し、今でもベストワンコンサートだと思っています。

でも、サンフランシスコ時代好きなんですよね。このコンビでCDも結構買いあさり・・・。

サンフランシスコ響のサウンドは、さわやかでライトですが派手さはありません。一方でアメリカのオケらしく合奏能力が高く、ブロムシュテットの棒にストレートに反応する感じが好きなのかもしれません。

「ロマンティック」も、テンポ、強弱、バランスなどで奇を衒うようなところはなく、堂々と音楽を展開しています。弦にもう少し厚みと艶がほしいところですが、金管は低音から高音までよくブレンドされた迫力あるサウンドで、ブルックナーにぴったりな感じです。

全曲の終結の第1楽章第1主題の回帰は、かなりはっきり際立たせていて自分好みです。

このコンビのブルックナーが「第4」と「第6」だけというのは本当に残念!! もっとやってほしかった。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんにちは!

ブルックナーですか。(^^)
7、8、9番などは勿論傑作ですが、この4番もいいですよね。
ブルックナーというと、私は一頃ヴァントさんばかり聞いていたことがありますが、ブロムシュテットさん&ドレスデンはちょくちょく聞きました。
サンフランシスコ時代となると、マーラーくらいしか聴いた記憶がありません。
うーん、是非聴いてみたいですねぇ。(^^)

こんばんは。

ブルックナー交響曲第4番、良いですねぇ。私はブルックナーとのお付き合いはこの曲から始まりました。
30年ぐらい前ですが、ベーム/ウィーン・フィルのLPを擦り切れるほど、夢中になって聴いていました。

もう随分とご無沙汰ですので、あらためて聴いて見たくなりました。(^^)

Re: ★赤影★ 様へ

こんばんは。コメントありがとうございます。

アメリカのオケ好きだからかもしれませんが、
サンフランシスコ時代もなかなかいいですよ。
機会があれば是非お試しください(^^)

Re: akifuyu102 様へ

こんばんは。コメントありがとうございます。

ホルンが難しいですよね。
日本のオケで生演奏を聴くと、聴いている方がヒヤヒヤ、ドキドキしてしまいます。
ウィーンフィルはばっちりです(^^)
ベームのは私もたくさん聴きましたね。

こんばんは。

sankichi1689さん、こんばんは。

DENONに録音されたブロムシュテットのロマンティックはブルックナーを聴き始めた頃に聴いたのですが、このサンフランシスコとの録音はまだ聴いたことがありません。中古で探してもなかなかないですねえ。

マーラーやシベリウス、ニールセンを聴いて、このコンビの演奏は素晴らしいものが多いので、きっとロマンティックも素敵な演奏ではないかと思います。気長に探し続けてみます。

Re: ばけぺん 様へ

おはようございます。
コメントありがとうございます。

このコンビの良さにご賛同いただける方が一人でもいて嬉しいです。

CDはなかなか中古で出回っていないようですね。
上京の度に、一枚ずつ見つけては購入していますが、
どうしても見つからないものがあります。
私も気長に探そうと思います。