FC2ブログ

ロメウス弦楽四重奏団 第6回演奏会

音楽鑑賞
11 /10 2018
■ロメウス弦楽四重奏団第6回演奏会

ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第3番ニ長調作品18-3
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第9番ハ長調作品59-3「ラズモフスキー第3番」

市川映子(第1ヴァイオリン)、坪田規子(第2ヴァイオリン)
物部憲一(ヴィオラ)、廣狩理栄(チェロ)

2018年11月9日(金)19:00~
北海道立文学館

--------------------------------

ベートーヴェンが最初に書いたという明るく伸びやかな第3番と、印象的な和音で始まる「ラズモフスキー第3番」というこの日の演奏会。両方とも良かったのですが、特にいいなと思ったのは、ラズモフスキー第3番の第2楽章でしょうか。チェロのピチカートに乗せて奏でられる暗いテーマは、まるで呼吸をしているような深い響きで大いに魅了されました。まさにこの日の演奏会の白眉だと感じました。それから、ヴィオラ、第2ヴァイオリン、チェロ、第1ヴァイオリンと受け継いで始まる終楽章。ここでのアンサンブルの愉しさや迫力も素晴らしかったと思います。やはり充実の一曲ですね。室内楽は人数が少ないだけで、音楽は広く伸びやかに。決して小さくまとまるものではないとあらためて感じた次第です。

熱演でしたが、ヴィオラの物部さんからアンコールをしないのは「つまらない」とお話があり、ハイドンの弦楽四重奏曲第77番「皇帝」から第3楽章メヌエットが演奏されました。まさにクールダウンに相応しい品のある演奏。ベートヴェンの全曲演奏は今回で半分を終えたとのこと。残りも楽しみです。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント