FC2ブログ

札響第613回定期 ベートーヴェン「英雄」ほか

音楽鑑賞
10 /28 2018
■札幌交響楽団第613回定期演奏会

モーツァルト:歌劇「魔笛」序曲
ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調 *
ベートーヴェン:交響曲第3番変ホ長調「英雄」

指揮:小泉和裕
ヴァイオリン:クララ・ジュミ・カン *

2018年10月27日(土)14時
札幌コンサートホールkitara

----------------------------------

最近ではあまり見かけなくなった王道プログラム。2管編成で打楽器はティンパニだけという地味な10月定期でしたが、なかなか充実した演奏会でした。

1曲目「魔笛」序曲。3本のトロンボーンも加わる編成はさすがに充実したものがあります。ほんの数分の小品ですが、緊張感に満ち、推進力のあるいい演奏だと感じました。

2曲目のブルッフも生では初めてかもしれません。トロンボーンが抜け、ホルンが4となります。ソリストのクララ・ジュミ・カンさんは韓国系ドイツ人とのこと。第1楽章で特に感じましたが、濃厚にたっぷり歌うような演奏。ロマン派協奏曲の醍醐味を十二分に味わうことができました。第2楽章も本当に美しかった!。時に独奏ヴァイオリンに絡み、時にハーモニーを支えるホルンも好演でした。ブルッフは小ぶりなコンチェルトというイメージを持っていましたが、生で聴き認識を新たにしました。

休憩後はエロイカ。小泉さんの終始うつむき加減で音楽に深く集中して入り込んだような指揮ぶりが印象的だったのと、オーケストラの力強い堂々とした鳴りっぷりが見事でした。演奏が終わった後のブラヴォーの多さには少し驚きましたが、納得した聴衆が多かったのでしょうね。第3楽章トリオのホルンの愉しさ、終楽章終りのアンダンテ部分の管楽器の美しさもとても良かったと思いました。なお、第1楽章コーダのトランペットによる主題の吹奏は高音で演奏していました。

----------------------------------

プログラムに来シーズンの定期(全10回)のプログラムが載っていました。ポンマーさんの指揮によるヨハネ受難曲や広上さんのマーラーの10番などの大曲のほか、プロコフィエフの第2番やベルクのヴァイオリン・コンチェルト、それから面白いところでは川瀬賢太郎さんの指揮でストコフスキー編曲の「展覧会の絵」が聴けるようです。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

 小泉さんの英雄。佳かったのでしょうね。
 来年の札響プログラム、興味深い演目が並びますね。広上さんのマーラーや、川瀬さんもストコフスキー版の展覧会の絵ですか。期待できますね。「来年は」「来年は」と言っているだけで、なかなか北海道行が叶わないのですが、行けたら札響公演に合わせたいですね。東京公演での、尾高さん+札響の演奏を思い出します。
 我が群響。大友さんが来年3月で音楽監督としての任を終えます。ですので、「さて次の監督は誰か」と色々想像していました。どうも小林研一郎さんになるようです。新聞発表もあったので決定ですね。予想外の人事ですが、私としてはとても嬉しく思います。「熱い公演」が期待できます。

Re: バルビ様へ

いつもコメントありがとうございます。
是非是非、北海道に来ていただき、札響のコンサートを楽しんでいただければと思います。記事には書きませんでしたが、尾高さんのエニグマなんかもあります!
群響さんはコバケンさんなのですね。これまた楽しみですねー^^/
パッション溢れる演奏で益々のご盛会を祈念いたします。