FC2ブログ

札響第609回定期 ブルックナー交響曲第3番ほか

音楽鑑賞
05 /19 2018
■札幌交響楽団第609回定期演奏会

ショパン:ピアノ協奏曲第1番ホ短調
ブルックナー:交響曲第3番ニ短調「ワーグナー」(1877年第2稿)

指揮:高関健
ピアノ:シャルル・リシャール=アムラン

2018年5月19日(土)14:00~
札幌コンサートホールkitara

------------------------

前半は全体的に落ち着いた大人の雰囲気のショパン(第3楽章なんかではもう少し煌めく華やかさもあったらとも思いましたが)。札響のサポートも力強く、かつ弱音でのピアノとの絡みなども丁寧でとても良かったと思います。会場の雰囲気も良く、演奏が終わった後のブラヴォーは予想より多かったですね。

後半の開始に先立ち、高関さんから今回演奏する版についてのプレトークがあり、第2稿は2つあるが、今回はノヴァーク版を使いつつ、第1楽章の2小節と第3楽章のコーダがない初演時の形で演奏するとお話がありました。

さて、第3交響曲。好きな曲なので、初めて生で聴くのを楽しみにしていました。弦の刻みに乗ってトランペットソロが奏でられる出だしから様々な楽想が移り行く第1楽章をはじめ、このシンフォニーの魅力は尽きません。高関さんと札響の演奏はというと、少々響きが硬いかなという印象もありましたが、早めのテンポから一点一点かっちり決めていく行くような演奏。ブルックナーらしい?ごつごつとした感触も味わえました。トゥッティの力感、1番ホルンの好演(ソロが多い)、バランスのとれたブラスセクションの響きなど充実した演奏だったように感じました。

そうそう、この日は札響では珍しい対向配置でした。第1ヴァイオリン、チェロ、ヴィオラ、第2ヴァイオリンと並び、チェロの奥にコントラバスです。ブルックナーの版といい、高関さんの拘りも楽しめる演奏会でした。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント