FC2ブログ

札響第605回定期 バッハ クリスマス・オラトリオより

音楽鑑賞
12 /03 2017
■札幌交響楽団第605回定期演奏会

J.S.バッハ:クリスマス・オラトリオ BWV248より第1,2,5,6カンタータ

指揮:マックス・ポンマー(首席指揮者)
 
ソプラノ:針生美智子、メゾソプラノ:富岡明子
テノール:櫻田亮、バリトン:久保和範
札響合唱団、東京バロック・スコラーズ、ウィスティリアアンサンブル

2017年12月2日(土)14:00~
札幌コンサートホールkitara

-------------------------

12月の定期は札響初演となるクリスマス・オラトリオから4部の抜粋演奏です。演奏会の構成は前半は第1,2カンタータ、休憩を挟んで後半に第5,6カンタータというものでした。コンサートマスターは田島高宏さん。

ポンマーさんのバッハは今年1月の定期で演奏された管弦楽組曲(4つの序曲)に感銘を受けましたが、今回も管弦楽、合唱、独唱からなる大曲を自信をもってまとめ上げていたように感じました。

管弦楽ではすっきりと透明感のあるヴァイオリンセクションが演奏全体をリードし、第1,6カンタータで活躍するトランペットが音程、音色など惚れ惚れするほど見事な吹奏で華を添えていました。福田、鶴田、佐藤の各氏には終演後に大きな拍手が贈られていました。声楽は拙ブログで何度も書いている櫻田さんの福音書記者・テノール独唱がとりわけ素晴らしかったですし、全部で15曲ほどある合唱・コラールも安定した美しいハーモニーだったと思います。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント