コープマンのJ.S.バッハ オルガン作品集

聴いている音楽
09 /02 2017
今朝の新聞に8月の札幌は14年ぶりに真夏日が一日もなかったとありました。確かに涼しい夏だった気がします。

音楽鑑賞、9月はオルガンからスタート。トン・コープマンの演奏によるJ.S.バッハのオルガン作品集を聴いていました。

DSC04512201709020905.jpg
1. トッカータとフーガ ニ短調 BWV565
2. トッカータ、アダージョとフーガ ハ長調 BWV564
3. パッサカリアとフーガ ハ短調 BWV582
4. トッカータとフーガ ニ短調 BWV538『ドーリア調』
5. トリオ・ソナタ第1番変ホ長調 BWV525
6. コラール『目覚めよ!と物見らの声がわれらに呼ばわる』BWV645
7. コラール『イエスよ、いまぞ汝御空より降り来りて』 BWV650

1~4は1983年6月、マーススライス大教会(オランダ)、5~7は1982年5月、アムステルダム、フランス改革派教会のオルガンです。

トリオ・ソナタのアダージョ。いいですね。今の札幌は曇天、18度。明日は台風も来そうで、物憂い週末の札幌にしっくりくる音楽です。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント