札響第602回定期 モーツァルト 協奏交響曲ほか

音楽鑑賞
08 /26 2017
■札幌交響楽団第602回定期演奏会
 
ベートーヴェン:序曲「レオノーレ」第3番
モーツァルト:協奏交響曲 変ホ長調
フランク:交響曲 ニ短調

指揮:ユベール・スダーン

オーボエ:関美矢子、クラリネット:三瓶佳紀
ホルン:山田圭祐、ファゴット:坂口聡

2017年8月26日(土)14:00~
札幌コンサートホールkitara

-------------------------

開演前のロビーコンサート、今月は金管アンサンブルでした。曲はガブリエリの「第7旋法によるカンツォン第2番」と「ピアノとフォルテのソナタ」という定番の2曲。学生時代にやりましたよ。懐かしいですねぇ。いい曲、そしていい演奏でした。拍手。

さて、演奏会本体はというと、1曲目、レオノーレ第3番。きりっと締まり、メリハリの効いた気持ちのいい演奏。舞台袖からのトランペット・ソロは副首席の松田さん。バッチリきまっていました。今月で退団ということで、演奏後はスダーンさんとともに盛大な拍手を受けていました。長い間本当にお疲れさまでした。

2曲目、モーツァルトの協奏交響曲は札響首席奏者4人がソリストとなっての演奏です。オーボエの関さんの緑のドレスで舞台が明るくなります。スダーンさんはタクトを持たない指揮。ザルツブルグ・モーツァルテウム管の音楽監督を13年務めた経験が生かされているのでしょうか、オーケストラからとても上品な音を引き出していました。4人のソリストも程よく聴き合い、程よく主張するといった雰囲気が出ていてとても良かったです。

休憩後はフランクの交響曲。スダーンさん、テンポや曲想など表情豊かな演奏だったと思います。サウンドも重苦しい感じは受けませんでした。第2楽章のイングリッシュホルンやホルンのソロも良かったですし、トゥッティでの弦とトランペットを中心にオーケストラが一つの楽器のように鳴る部分も綺麗な響きでした。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント