鈴木秀美指揮、神奈川フィルを聴く

コンサート(国内オケ)
08 /10 2017
■ フェスタ サマーミューザKAWASAKI 2017

 メンデルスゾーン 序曲「フィンガルの洞窟」
 メンデルスゾーン 交響曲第4番「イタリア」
 ハイドン 交響曲第104番「ロンドン」

 鈴木秀美(指揮)
 神奈川フィルハーモニー管弦楽団

 2017年8月6日(日)15:00~
 ミューザ川崎シンフォニーホール

ちょっと息抜きで上京してきました。新千歳はLCCが使えるので首都圏も関西圏も安く行けて便利。今回は鈴木秀美さんの指揮、それから神奈川フィルを聴いてみるのがお目当てです。

まず14:30から15分間、鈴木さんのプレトークがありました。3曲についてそれぞれ丁寧に解説してくださいましたが、特にハイドンについては何時間でも話せてしまうと思いを語っておられ、イギリスではハイドンが来られなくなることがわかり暴動が起きたというお話も披露してくださるなど興味深いものでした。
DSC_0083.jpg

さて、この日の神奈川フィルの編成は全ての曲で10-10-8-6-4の弦5部と2管編成。ヴァイオリンは両翼配置のほか、面白かったのが正面最上段にコントラバスが横一列という配置。

1曲目「フィンガルの洞窟」。ホントいい曲ですねぇ。神奈川フィルさん、いい音出ていました。一曲目から好演です。

2曲目「イタリア」はこの曲が持つ生命感が溢れ出るような演奏でしたが、第2楽章冒頭などでノン・ヴィブラートの古楽奏法的な部分を際立たせたり、全曲を通して思い切りのいいアクセントでメリハリをつけたりしていたのが面白かったですね。第3楽章でホルンとフルートがとても美しかったことも印象に残りました。

休憩後は「ロンドン」。まずこれを最後にもってくるあたりからしていいです!。自分ではこの曲こそ古典派シンフォニーの傑作中の傑作だと思っているので拍手です。

第1楽章の序奏から実に堂々とした響きがホールに満ち溢れます。主部に入ってからも男性的な逞しさを伴った演奏だと感じました。素朴で優美な味わいの第2楽章。曲がホントいいです。ハイドンが行きついた境地のようなものを感じます。第3楽章を経て、いよいよ第4楽章。ホルンの低音から弦楽器が入って来るあたりでわくわく感があって好きなのですが、その後の推進力溢れる演奏はすごく良かった!。ハイドンのシンフォニーにもかかわらず(失礼)、演奏後にブラヴォーが多数かかっていたのも納得の快演でした。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

鈴木秀美さん

鈴木秀美さんのメンデルスゾーンとハイドンですか。それは魅力的なプログラムですね。毎年、山響で鈴木秀美さんの指揮に接していますので、演奏の素晴らしさはじゅうぶんに想像できます。ハイドンを語らせたら一晩でも足りないというセリフは、たしか耳にしたことがあるような(^o^)/
CDで、山響とのシューベルト交響曲第1番とハイドンの交響曲第100番「軍隊」の録音(Exton)を好んで聴いていますが、実にいきいきと活力に富む推進力のある演奏で、素晴らしいものでした。
そんなわけで、鈴木秀美さんの大ファンです(^o^)/
http://blog.goo.ne.jp/narkejp/e/baaabbf1b0998ef50fdc1ca48bb98182

Re: narkejpさまへ

おはようございます。
鈴木さん、すごく良かったです!。narkejpさんが大ファンというのもわかります。山形の皆さんは客演指揮者としてしばしば聴けて羨ましいですねー。しかもディスクで繰返し楽しめる!
今度は是非山響さんとの演奏を聴きに旅してみたいです!
コメントありがとうございました。