まちなかコンサートで札響金管五重奏を聴く

コンサート(その他)
07 /22 2017

7月21日は札幌市内の公共施設や文化施設が夜間開放され、市民が地域の文化に親しむ「カルチャーナイト」。北欧発祥のこの催しも2003年から始まりすっかり定着した感があります。いつもは気象台や美術館に行っているのですが、今回は札響メンバーが金管五重奏で参加するというので聴きに行ってきました。場所は・・・札幌競馬場です。

■ まちなかコンサート~中央区~

 1.G1ファンファーレ(東京・中山)
 2.歌劇「アイーダ」より凱旋行進曲
 3.歌劇「カルメン」よりメドレー
 4.エスパーニャ
 5.バレエ「白鳥の湖」よりナポリの踊り
 6.チュニジアの夜
 7.「ウエスト・サイド・ストーリー」より
 8.草競馬

 札幌交響楽団メンバーによる金管アンサンブル
 福田善亮(Tp)、佐藤誠(Tp)、岩佐朋彦(Hr)、田中徹(Tb)、玉木亮一(Tub)、藤原靖久(Perc)

 2017年7月21日(金)18:00~
 札幌競馬場ファンファーレホール

DSC_0072.jpg

今回は札幌文化芸術劇場のプレイベントでもあるため、曲目はオペラ、バレエ、ミュージカルなどの舞台作品や、場所柄、競馬にちなんだもの(笑)とのことでした。

演奏はどれも良かったのですが、中でも「白鳥の湖よりナポリの踊り」でのトランペット首席の福田さん、とても格好良かった!。そして「草競馬」の愉しさ!、こちらもたまりませんでした。

曲と曲の合間にはトロンボーンの田中さんによるトークがあったのですが、これがまた丁寧かつ洒脱なもので聴衆を魅了していました。いやぁ、なかなかの話術です。

アンコールに歌劇「トゥーランドット」より「誰も寝てはならぬ」が演奏され、1時間の無料コンサートはおひらきとなりましたが、とても充実した内容でした。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント