シフ(Pf) シューベルト ピアノ五重奏曲「ます」

聴いている音楽
07 /12 2017
爽やかな北海道の夏と言いたいところですが、先週末から4日連続の真夏日。昨日、今日は一歩手前で踏みとどまりましたが、明日、明後日は33度、32度の予報。冬があんなに寒いんだから夏はもう少し清々しくと言いたい気持ちになります。

といっても北海道。夜になると少しひんやりしてきて、ちょうどよい気温になります。

最近は仕事が落ち着いたので早々に帰宅。気持ちのいい夏の夜に読書とともに愉しんでいたのは、シューベルトの「ます」です。アンドラーシュ・シフ(ピアノ)とハーゲン弦楽四重奏団員、アロイス・ポッシュ(コントラバス)による演奏。DECCAの1983年の録音です。

う~ん、実にいい!。夏にぴったりです!。

暗く重苦しいクラシック音楽から解放される心地よさを感じます。ハーゲン・クァルテットはデビュー間もないころの録音のようですが、シフの知的な雰囲気を湛えた演奏も相まって、非常に上品に仕上がっているように感じました。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント