デュトワ/モントリオール響 「くるみ割り人形」全曲

聴いている音楽
06 /18 2017
今日の札幌は最高気温25度、湿度32%という、まさに北海道の初夏といえる爽やかな一日でした。明日からの一週間も概ね天候は安定して暖かいようです。北海道観光ハイシーズンに入ります。ただ、最近は外国人観光客の急増で札幌市内にホテルが取れない事態も起こっているようです。

さてさて、音楽は・・・・季節外れですがチャイコフスキーの「くるみ割り人形」です。DEECAの1992年の録音。

デュトワ/モントリール響の演奏は、それはもう軽やかで美音に彩られた演奏!。各パートのバランスやアンサンブルも極上で、初夏のような爽やかさを感じます。

抜粋版に選曲される「花のワルツ」などの有名曲も好きなのですが、私が好きなのは「情景(冬の松林)」や「糖菓の城-お菓子の王国」。あとは終曲、このあたり好きですねぇ。ホントいい曲です。

今週は夏至です。6月8日から22日までは札幌の日の出は3時55分と一年で最も早い期間に入っています。このうち6月21日と22日は日の入りも19時18分と最も遅くなります。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

この曲、意外と今の季節にお似合いですね。

sankichi1689さん、こんにちは。

最高気温が25度で湿度が32%ですか。実に爽やかですね。
札幌にもまた良い季節が巡って来ましたね(^^)
デュトワ/モントリール響の「くるみ割り人形」を「組曲」としてですが
ナクソスで聴いてみました。第1幕の「行進曲」、それに第2幕の「葦笛の踊り」が
とっても気に入りました。やっぱりこのコンビの演奏は何を聴いても透明度が高いですね(^^)

Re: akifuyu102さまへ

こんにちは
返信が遅くなりすいません。
そうです!爽やかな季節です。
デュトワ盤、仰るとおり透明度が高いです!。気に入っていただけてとても嬉しいです^^

本州は既に30度以上で暑そうですね~。ご自愛ください。
コメントありがとうございました。