N響とKBS響

聴いている音楽
05 /14 2017
5月8日(月)~12日(金)のNHK-FM「ベスト オブ クラシック」は「世界のオーケストラ」と題して、普段あまり録音や来日公演のないオーケストラの特集が組まれました。登場したのは、ウクライナ国立フィル、ギリシャ国立響、エストニア国立響、オークランド・フィル(ニュージーランド)、KBS響(韓国)の5団体。

このうちKBS響の放送を少しだけ聴けました。尾高忠明さんの指揮で2016年4月の演奏会の模様で、曲目は諏訪内晶子さんの独奏によるベートーヴェンのヴァイオリン・コンチェルトと尾高さんお得意のエルガーの交響曲第1番。

聴けたのはエルガーの第2楽章以降でしたが、上手いと思いました。第3楽章で哀しみを湛えた弦の響きやクラリネットのソロ、そして第4楽章での情熱的な終結部など聴きごたえがありました。比較的冷静な印象の尾高さんの指揮の下での演奏ということにも面白さを感じました。

一方、N響はというと5月13日(土)に生中継された第1860回定期公演Aプロの様子。ピンカス・スタインバーグさんの指揮でスメタナの連作交響詩「わが祖国」。こちらも聴けたのは後半の3曲のみでしたが、「ボヘミアの森と草原から」でのホルンの美しいこと!。「ターボル」、「ブラニーク」での金管の力強い吹奏。全体的にはN響らしい節度を感じさせるものでしたが、本格的な演奏ですごく良かったですね。管の世代交代でN響は今や盤石とも言える印象を持ちました。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント