オルフェウス室内管 チャイコフスキー「弦楽セレナード」

聴いている音楽
05 /07 2017
大型連休最終日は朝から晴れ。ただ気温は低めで早朝は10度を切りました。そんな中、オルフェウス室内管弦楽団の演奏によるチャイコフスキーの弦楽セレナードハ長調作品48を聴いていました。DGの1986年の録音。

都会的、スタイリッシュという形容がぴったりなオルフェウス。このディスクでもすっきりスマートで洗練されたチャイコフスキーを聴かせてくれています。アンサンブルの精度がとてもいいですね。素晴らしいと思います。

カップリングにはグリーグの「ホルベルク組曲」と「2つの悲しき旋律」も収められていますが、前者の透徹した響きは、曲が始まったとたん北欧のひんやりとした空気感を伝えていて、自分の中では昔初めてきいた演奏がこれなので、デフォルトとなっています。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

 オルフェウス室内管のCDでは、モーツァルトの演奏のものしか持っていませんが、本当にアンサンブルの精度が高く、みずみずしい演奏にびっくりです。ご指摘の通りで、素晴らしい団体ですね。それに、録音もめっぽう素晴らしく、聴きごこちが良いのです。このチャイコフスキー・グリーグも俄然聴きたくなりました。
 連休が終了します。「五月病」にならないように、お互い頑張りましょう。

Re: バルビさまへ

こんばんは
オルフェウスは生でラヴェルやプロコフィエフに接したことがありますが、実演でもアンサンブルの精度は見事なまででした^^
連休、終わりますね。。。。仰るとおり五月病にならないよう、頑張りましょう。
コメントありがとうございました。