オーケストラHARUKA 第14回演奏会

コンサート(その他)
05 /06 2017
DSC04374.jpg
■ オーケストラHARUKA 第14回演奏会

 ガーシュウィン ラプソディー・イン・ブルー
 ガーシュウィン パリのアメリカ人
 ショスタコーヴィチ 交響曲第5番 ニ短調 作品47

 三河正典(指揮)
 佐野俊司(ピアノ)

 2017年5月6日(土)13:30~
 札幌コンサートホールkitara

アマチュアオーケストラの演奏会を聴きに行ってきました。

「ラプソディー・イン・ブル」ーのピアノソロを弾いた佐野さんは現在、医学部の学生さんとのことですが、幼少期よりピアノを始められ、プロの方にも師事されているようで、コンクール受賞歴やアマオケとのコンチェルト共演歴なども豊富。素晴らしい演奏で聴衆を魅了していました。オーケストラではピアノに呼応する管楽器が好調でしたね。

「パリのアメリカ人」は中間部分のトランペットのソロがgood!。オーケストラは快活な部分はもちろん、静かな部分の合奏の合わせにもじっくり時間をかけて仕上げた印象です。

ショスタコーヴィチの「第5」は、弦楽器は第3楽章、管楽器は両端楽章でかなりの腕前が必要となる難曲かと思いますが、迫力もありましたし、なかなかの健闘ぶりだと感じました。各楽器の中ではフルートのソロがすごく良かったですね。

意欲的なプログラミングだと思いますが、管楽器に負担がかかっていたようにも感じられました。この辺りはアマオケの選曲の難しさでしょうか。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント