ヤルヴィ/N響 R.シュトラウス 交響詩「英雄の生涯」ほか

聴いている音楽(国内オケ)
04 /16 2017
まだまだ身辺が落ち着かなくて、なかなかブログを更新する時間が取れないでいましたが、週末は大音量でゆっくり音楽鑑賞です。聴いていたのはこちら。

■ R.シュトラウス

 交響詩「ドン・ファン」作品20
 交響詩「英雄の生涯」作品40

 パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)
 NHK交響楽団

(RCA・2015年録音)

2015年2月の第1804回定期公演Bプログラムのライヴレコーディングです。会場はサントリーホールです。



ライナーノーツに記されたヤルヴィ氏自身のコメントがすべてでしょう。『ドイツ・カンマーフィル、パリ管、フランクフルト、シンシナティとの録音は、それぞれのオーケストラの文化や伝統を生かした作品を選んできた。そうした機会にあってもシュトラウスの優先順位は一位ではなかった。それはシュトラウス演奏に最適のオーケストラを探していたからだ。そしてシュトラウスの演奏に理想的なオーケストラを見つけた。輝かしいサウンドと水も漏らさぬ技術を備えたN響は、まさにシュトラウスに相応しいオーケストラといえる。』

聴いて納得。第1部「英雄」の出だしから、自信に満ちた表現と強靭なアンサンブルに惹き込まれましたし、第5部「英雄の業績」から第6部「英雄の隠遁と完成」にかけての完成度も大変素晴らしいと感じました。各パートの中ではホルンセクションの健闘が光っていたのではないでしょうか。パンチを効かせる部分と繊細さが求められる部分のいずれも好演で、演奏全体に魅力を与えていたのは間違いないと思います。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんばんは。

sankichi1689さん、こんばんは。

札幌出張でしたが、水曜日の寒さ、木曜日の雪にはびっくりしました。打って変わって金曜日の暖かさにも(笑)。

ヤルヴィ/N響のR・シュトラウス、話題になりましたが、記事を拝見すると内容素晴らしいみたいですね。何よりヤルヴィ自身のコメントが気に入りました。多少のリップサービスもあるでしょうが、これだけのキャリアの指揮者がそこまで褒めるとは。手に入れてみます!

Re: ばけぺん様へ

こんばんは
木曜に積雪があって、その後はポカポカ陽気本州の方はさぞ驚かれたと思います。道民も驚きました。体が変になりそうです(笑)。
ヤルヴィ/N響のR.シュトラウスなかなか良かったですよ。是非聴いてみてください!
コメントありがとうございました。