オーマンディ プロコフィエフ「古典」&第5番

聴いている音楽
03 /23 2017
ユージン・オーマンディ指揮、フィラデルフィア管弦楽団の演奏でプロコフィエフの交響曲第1番ニ長調作品25「古典」、第5番変ロ長調作品100を聴いていました。第1番は1961年、第5番は1957年の録音です。

このブログでオーマンディのことを書くのは初めてです。自分がクラシック音楽と出会った中学の頃にオーマンディのCD化されたチャイコフスキーの三大バレエをよく聴いていたなじみ深い指揮者なので意外です。

さてオーマンディ盤ですが、第1番は出だしからやや早めのテンポでしょうか、アンサンブルも極上でオーケストラの上手さが光ります。この年代はヨーロッパよりアメリカの楽団の方が格段に上手い気がします。朝の地下鉄で聴くことが多いですが、やる気が湧いてくる良い演奏です。

第5番の方は、プロコフィエフを聴くときに感じる特有の冷たさのようなものがあまりなく、オーケストラ全体の豊かな響きが印象的です。録音は第5番第3楽章の終りの歪みはちょっと気になりましたが、それ以外は全く気にならず、遠すぎず近すぎず全パートの動きも聴き取れて好印象です。

このディスク、なかなか気に入りました。3枚組で、全部で5つの交響曲(第1、4、5、6、7番)と2つの組曲(「3つのオレンジへの恋」と「キージェ中尉」)が収録されています。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

オーマンディ

sankichi1689さん、こんばんは。

5番の方、僕も最近LPを手に入れて聴きましたが、オーマンディらしい中庸で立派なとても良い演奏でした。クラシックを聴き始めた頃、オーマンディ/フィラデルフィア管の廉価盤シリーズで初めて聴いた曲も多いです。チャイコフスキー、プロコフィエフ、ショスタコーヴィチとロシア物は特に良い演奏が多いと思います。

Re: ばけぺん様へ

こんばんは
絢爛豪華で片づけられてしまう指揮者ですが、実に充実した音楽を聴かせてくれます。このプロコ、本当に気に入りました。仰るとおりロシアものと相性がいいかもしれないですね。
コメントありがとうございました。

No title

 オーマンディさんには、その昔LP時代に大変お世話になりました。私も同様に、廉価盤シリーズを多く購入し、楽しみました。オーマンディさん+フィラデルフィアOの演奏は、とにかく「ふくよか」で「なめらか」で「重厚」であったように感じています。それらをひっくるめて、「豪華絢爛」という言葉で言い表すことができるかもしれません。
 プロコフィエフの、この5番の演奏も同様です。どっしりとして、ふっくらとして、豊かな響きが印象に残る演奏です。今はLP生活ではなく、すぐに聴けないので、あらためてこのCDを購入しようかな?

Re: バルビ様へ

こんばんは。コメントがすっかり遅くなってしまいすいませんでした。
オーマンディ/フィラデルフィア管は仰る通り本当にふくよかでなめらか、たっぷり堂々と鳴らすところが好きですね。このプロコフィエフは今まで知らなかった自分を恥じ入るばかりです。クールな演奏の方があっていると先入観があったのでしょうね。
いやぁ~いい演奏!
コメントありがとうございました。