アファナシエフ(Pf) モーツァルト「ジュノム」&第27番

聴いている音楽
03 /08 2017
ヴァレリー・アファナシエフのピアノ独奏、円光寺雅彦指揮、読売日本交響楽団の演奏によるモーツァルトのピアノ協奏曲第9番変ホ長調K.271「ジュノム」と第27番変ロ長調K.595を聴いてみました。DENONから発売されている2014年6月のサントリーホールでのライヴ録音盤です。

これはなかなかユニークで即興感が伝わってくる愉しいディスクでした!。

「ジュノム」は断然終楽章が良かったです。ゆっくり目のテンポですが、特にピアノ独奏部分ではテンポを伸縮させていて、それがまた得も言われぬ愉悦感を醸し出しているように思いました。

27番も同じで、第1楽章の一音一音足取りを確かめながらの音の進行の中にも微妙なテンポの揺れを加えて、愁いの情感を引き立たせているようです。オケとあわせるのが大変そうですが、円光寺さん、見事なサポートですし、読売日響も澄んだ美しいハーモニーによる合奏だと思いました。

「これは生で聴いたら、ものすごく感動するかもなぁ」と、自分がコンサートホールにいることを想像しながら聴き入ってしまいました。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント