インバル/都響 マーラー「復活」

聴いている音楽
02 /26 2017
日本のオーケストラの録音を聴いていました。

エリアフ・インバル氏の都響プリンシパル・コンダクター(2017.2現在は桂冠指揮者)就任とともに2008年に始まったマーラーチクルスの第4弾、エクストンから発売されている2010年の演奏会のライヴ録音です。ソプラノ:ノエミ・ナーデルマン、メゾ・ソプラノ:イリス・フェルミリオン、合唱:二期会合唱団という布陣です。

インバル氏、さすがはマーラー指揮者ですね。力強く、引き締まり、ときに豊潤で陶酔的な響きを自在に引き出す自信溢れる演奏だと思いました。クライマックスも感動的で、収録されている多数のブラヴォーからもそれがうかがい知れます。

都響は日本のオーケストラの中で最もマーラーの演奏に慣れている楽団の一つでしょうが、それにしてもベストと思われるようなレベルの高い演奏かと思います。データを見る限り1公演の録音をそのままディスク化したようにも思えますが、キズひとつない演奏です。これだけの演奏が聴けるなら、超一流の外来オケを除いて、在京楽団で十分満足を得られると思いました。

サントリーホールでのエクストンの録音もまるでホールで聴いているかのような自然で素晴らしいものでした。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

 佳いCDの紹介、ありがとうございます。インバルさんと都響のマーラーシリーズは、本当に素晴らしいですね。最近私は5番を購入して聴きましたけれど、第3楽章などは、本当にうまい。ヨーロッパの一流オーケストラにひけをとらぬできです。この復活も、このコンビで聴いてみたく思いました。
 3月に当地田舎に、インバルさんがベルリン・コンツェルトハウスOを率いて、やってきます。マーラー5番をやってくれるのですが、とても楽しみにしています(このオーケストラの前身がベルリンSOだと最近知りました。)インバルさんも、もう80歳ですけれども、ますます元気なのでしょう。

Re: バルビ様へ

こんばんは
インバル&都響コンビは本当に充実した音楽を聴かせてくれます。日本のオケはここ10年ぐらいで真に技術的には全く本場に追いついたと思います。5番よかったですか!。そのような感想を聴くと聴きたくなってしまいますね。
インバル&コンツェルトハウスo.の御地への公演、webサイトで見ましたら、五嶋龍さんのメンコンもやるのですね。ますます楽しみですね。
コメントありがとうございました。

インバルさのマーラーに期待

インバルさんが都響を指揮したCDはブルックナーの6番とショスタコーヴィチの5番を聴きましたが、どちらも大いに感動し、都響の技量の高さには本当に驚いたものです。
マーラーは更に期待できそうですね。先程、運良く図書館に予約が出来ました。じっくり聴いてみたいと思います。

Re: akifuyu102さまへ

こんばんは
仰るとおり都響はとてもいい状態ですね。マーラー予約取れましたか。是非お聴きになって感想をきかせてください^^/
コメントありがとうございました。

都響

都響の功績の一つに1980年代あたりで既に若杉さんを指揮者に招聘し、
当時はマーラーの3番とか7番という曲はまだ「珍しい曲」として扱われる傾向にある中、
積極的にマーラーの演奏も取り上げ、それをフォンテックから都響=マーラー=若杉としてCD全集を
早い時期から出されていた事なのかもしれないです。

そうした素晴らしき伝統をベルティー二やインパルが見事に引き継いでいるという事なのかもしれないですね。

インパル指揮のマーラーの復活は私も1997年に東京芸術劇場で聴いた事がありますけど、
とにかく「精緻」という印象でした!
部分的にかなりしつこくも感じたものでした・・
音が引き締まっているという印象も感じたものです。

Re: ぬくぬく先生様へ

仰るとおりN響が保守的なプログラム中心だった頃、若杉さんと都響が一つ一つものにしていって、ベルティーニ、インバルとマーラー演奏の伝統を紡いできたという印象がありますね。宇野功芳氏が晩年インバルを高評価していたのも面白いと感じていました。
コメントありがとうございました。