札響第596回定期 ポンマー指揮 バッハ 管弦楽組曲全曲

コンサート(札響)
01 /28 2017
■ 札幌交響楽団第596回定期演奏会

 J.S.バッハ 管弦楽組曲全曲
(演奏順:第3番ニ長調、第2番ロ短調、第1番ハ長調、第4番ニ長調)

 マックス・ポンマー(指揮)

 髙橋聖純(フルート) *第2番
 辰巳美納子(チェンバロ)

 2017年1月28日(土)14:00~
 札幌コンサートホールkitara


前半が第3番と第2番。休憩後の後半に第1番と第4番という構成。コンサートマスターは田島高宏さんでした。編成は弦5部とチェンバロに管打楽器が加わります。
第3番:オーボエ2、トランペット3、ティンパニ
第2番:独奏フルート
第1番:オーボエ2、ファゴット
第4番:オーボエ3、ファゴット、トランペット3、ティンパニ

配置は最前列にオーボエとファゴット。その後は向かって左から第1ヴァイオリン、第2ヴァイオリン、ヴィオラ、コントラバス、チェロ。そして中央奥にトランペットとティンパニです。

全体的な感想としては古楽器の影響も受けつつ、すっきりと美しい明るい感じのバッハでとても良かったです。

個別の部分では第2番で髙橋聖純さんがブラヴォーのかかる素晴らしい演奏を聴かせてくれましたが、あまり音の届かない席だったので十分音楽に浸れなかったのが残念。第1番は透明感のある美しいサウンドが印象に残りました。

第3番と第4番は華やかでいいですね。トランペットパートに注目してしまいます。本日は福田さん、松田さん、前川さんの3人です。高音域が続き負担のかかる曲と思われますが、要所要所を綺麗に決めていて演奏に締まりが出ていたと思います。

祝祭的なニ長調の第3番で始まり、同じ雰囲気・調性の第4番で締めていましたが、演奏効果やトランペット奏者の負担も軽減されるいい構成だと感じました。地味なプログラムにもかかわらず、お客さんはまあまあ入っていた感じでした。「ポンマーが満を持して取り上げるバッハ」と題された今回の定期への期待が大きかったのでしょうか。

今回はプログラムの曲目解説も興味深かったです。「組曲」は鍵盤楽器の独奏曲のように楽章配列に定型があるもののみに用い、バッハはアルマンド、クーラント、サラバンド、ジーグを根幹とする場合のみ「組曲」としているようです。管弦楽を用いた自由な楽曲群は第1曲に代表させて「序曲」と呼ぶのが現在の定説のようで、この曲も「4つの序曲(管弦楽組曲)」と題されるようです。

演奏会のプログラムはその時代時代の最新の内容で書かれるので一読の価値はあるのですね。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント