秋山/東響の「第九と四季」

コンサート(国内オケ)
12 /30 2016
DSC_0004 (1)
年末年始を親戚宅で過ごすのに首都圏に来ています。そして来たついでに今年最後のコンサートに行ってきました。

◼ 第九と四季

 ヴィヴァルディ 協奏曲集「四季」~春・冬
 ベートーヴェン 交響曲 第9番 「合唱付」

 青木尚佳(ヴァイオリン) ※四季

 大村博美(ソプラノ)
 清水華澄(メゾソプラノ)
 ロバート・ディーン・スミス(テノール)
 妻屋秀和(バス)

 秋山和慶(指揮)
 東京交響楽団

 2016年12月29日(木)14時
 サントリーホール

ざっくり感想を。
秋山さんのチェンバロ弾き振りのよる「四季」は弦のアンサンブルがとても綺麗でした。ソロの青木尚佳さんは初めて聴きましたが、ロン=ティボーで2位の実力者とのこと。美しくて上手かったですよ。ご活躍をお祈りします。

「第9」はなんと言っても東響コーラスが迫力があって良かった!。ステージ真横あたりの席にしたことも正解だったのかもしれません。ソリストはバリトンが声量豊かで素晴らしかったのが印象に残りました。

秋山さんを生で聴くのは久しぶりでしたが、美しい指揮ぶりは健在。東響もさすがと思わせる好演でした。

アンコールは「蛍の光」が演奏をされました。コーラスの方がかざすペンライトの幻想的な光の中、ほぼ満席の聴衆も一緒に歌って2016年とお別れという感じでした。

今回は東京在住の友人と行きました。コンサートのあとは忘年会。2年ぶりの再会で話に花が咲きました。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

第九と四季、良いなぁ~(^^)

sankichi1689さん、おはようございます。
素敵な年納めコンサートのご様子、良い年の瀬を過ごされましたね。sankichi1689さんは移動先で行われるコンサートチャンスは逃しませんねぇ(^^)フットワークが素晴らしいですね。

Re: akifuyu102様へ

おはようございます。
行く先々でコンサートに足が向くのは、ずはり田舎に住んでいて飢えているからですよ~(笑)。今回も楽しいコンサートでした。
コメントありがとうございました。

今年も一年お世話になりました。

sankichi1689さん、こんばんは。

生「第9」久しく聴いておりませんが、生で聴く合唱は本当に鳥肌ものですね!さぞかし素晴らしいご体験だったことと思います。首都圏は年末年始天気が良さそうですのでつかの間の青空をお楽しみください(笑)。

本年も一年お世話になりました。良いお年をお迎えください。新年もよろしくお願いします。

Re: ばけぺん様へ

こんばんは
生で聴く第9はいいものです。 在京楽団は上手いなぁ。
今年もご訪問ありがとうございました。ばけぺんさんのブログに大いに刺激を受けました。来年もよろしくお願いします。

関東での年越しは暖かくて青空!。つかの間の雪かき休みです(笑)