ポンマー/札響 ブルックナー「ロマンティック」

聴いている音楽(札響)
12 /22 2016
DSC_1858201612221958.jpg
ちょうど一年前、2015年12月の札響定期のライヴ録音を聴いていました。指揮は首席指揮者のマックス・ポンマーさんです。

ライヴでも聴きましたが、kitaraの録音は第2楽章などでの最弱音をしっかり捉えていて、楽曲の細部まで動きがわかり面白いです。ここは何度も繰り返し聴きました。

逆に両端楽章は、感想文にも書いたとおり金管を頭だけ出してすっと引く感じに吹かせて、全管弦楽の音をブレンドさせることを指向した演奏のようで、柔らかい録音とも相まって、やや輪郭線がぼやけた印象を受けました。

個別の部分で面白かった部分で一つだけあげると、第4楽章のコーダ部分でしょうか。ホルンと木管による動機から終結まで、早めのテンポでぱっぱと進行します。これ見よがしなところはないのですが、聴いていて「あっ、これいいな」と思いました。

札幌はまたまた大雪です。朝36cmだった積雪は20時で61cmに。明日は雪かき大変かな。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント