メータ/NYP R.シュトラウス 「ツァラトゥストラはかく語りき」

聴いている音楽
12 /17 2016
ズービン・メータ指揮、ニューヨーク・フィルハーモニックの演奏でR.シュトラウスの交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」を聴いてみました。CBS/SONY・1980年の録音。

金管楽器の鳴りっぷりが気持ちいいです。そして、各楽器が複雑に絡み合う場面でも統率が効いてよく引き締まった演奏だと感じました。録音会場である本拠のエイヴリー・フィッシャーホールのせいかもしれませんが、各楽器が生々しく聴こえてきます。

wikipediaによるとこのホールは2015年の改修で多額の寄付をした篤志家の名をとり、ディヴィッド・ゲフィン・ホールと改名されたとありました。こういうのは日本では聞きませんね。

札幌は3日連続の真冬日。昨日は最低気温が-9.2度まで冷えました。札幌では真冬でもあまりない気温です。そしてドカ雪から1週間で積雪はまだ50cmもあります。道路の排雪は一部にとどまっていて、市内いたる所で渋滞がおこっています。今日用事があって運転したのですが少々疲れました・・・。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

 そちらは、もうすっかり冬。雪も多そうですね。寒いのですね。どうぞ、風邪・インフルエンザ等にはお気をつけ、ご自愛ください。
 メータの「ツァラトゥストラはかく語りき」では、ロサンゼルスPOとの演奏のLPが、私には懐かしく思われます。もの凄く鮮烈な演奏だと記憶しています。しばらく聴いていません。ニューヨークPOとの、この演奏は知りませんでした。こちらも聴いてみたく思いました。
 サヴァリッシュさんは、本当に格好良かったですね。素晴らしかったです。私は、クラシック音楽の素晴らしさに開眼できたのは、サヴァリッシュさんを筆頭に、スウィトナーさんやマタチッチさん、シュタインさんなど、N響に登場した指揮者の方々のおかげです。

Re:バルビ様へ

こんばんは
今年は長期予報どおり例年並みの寒さ・積雪になりそうですが、ちょっとペースが速いです^^;
メータは今思えばLAP、NYPとアメリカのメジャーオケを制覇しておりすごいですね。機会があったらNYP盤も聴いてみてください。
仰るとおりサヴァリッシュ、スウィートナー、シュタイン・・・N響の地味ながら本場の音楽づくりにふれられたのは日本人にはありがたかったですね。
コメントありがとうございました。

こんばんは。

sankichi1689さん、こんばんは。遅めのコメントお許しください。

北海道、雪、凄いみたいですね。週末、テレビのニュースで新千歳空港の様子を映していましたが、空港で連泊している観光客の方々がいると聞いてびっくりしました。クリスマスに雪があるのは素敵ですが、ここまで降ると大変ですね。お気を付けください。

僕が初めて買った「ツァラトゥストラかく語りき」のレコードがこのメータ盤でした。お年玉をはたいたかどうかして、当時としては大奮発の45回転盤を購入しました。手荒に扱ってしまって傷だらけですが、今でも手元にあり、思い出深い一枚です。スマートでさっぱりとした演奏ですが、その分、飽きが来ない演奏だと思います。こういう曲はメータ、上手ですね。

Re: ばけぺん様へ

こんばんは。
大雪のお気遣いありがとうございます。除雪が大変なのと道が狭くて難儀しています。空港での連泊は私もびっくりしました。
台風時のタイムライン的なものをこの冬場の低気圧でも生かすべきと感じました。

メータのツァラは思い出の録音なのですね。気持ちいいぐらい吹ききっています。確かにメータの腕が光る一枚ですね。
コメントありがとうございます。