遠藤真理 チェロリサイタル

コンサート(その他)
12 /11 2016
DSC_1850201612111803.jpg
■ 遠藤真理 チェロリサイタル
 
 ベートーヴェン モーツァルト『魔笛』の「恋を知る男たちは」の主題による7つの変奏曲
 ウェーベルン 2つの小品
 ウェーベルン 3つの小品
 ベートーヴェン チェロソナタ第5番
 ラフマニノフ チェロソナタ

 遠藤真理(チェロ)、菊池洋子(ピアノ)

 2016年12月11日(日)14:00~
 ふきのとうホール


昨日の記録的な大雪の雪かきを終え、午後は遠藤さんのチェロを聴きに行ってきました。札響定期がない12月の楽しみだったので、大雪の影響で公演中止にならならくて良かったです。チケットも完売だった模様。

NHK-FM「きらクラ!」のパーソナリティでもあるチェロの遠藤真理さんは、2003年の日本音楽コンクール第1位のほか、コンクール上位入賞の経歴をお持ちで、リサイタルや国内主要オケとも共演なさるなど着実にキャリアを重ねてらっしゃるようです。

ピアノの菊池洋子さんも2002年のモーツァルト国際コンクールで優勝して以降、リサイタル、オーケストラとの共演、室内楽、音楽祭への出演など精力的にご活躍とのことです。

さて、遠藤さんは緑を基調としたドレス、菊池さんは白いドレスでご登場。室内楽専用の221席のふきのとうホール、今回は前から2列目に陣取ったこともあって、演奏が始まると遠藤さんの息遣いや、菊池さんとお互い見合って呼吸を合わせるところなど、臨場感たっぷり味わえました。

プログラムの中ではやはりメインのラフマニノフが良かったですね!。いい曲ですし、ここ1か月ぐらいハインリヒ・シフの演奏で予習していましたが、やはりライヴは別格です。小柄な遠藤さんから繰り出されるスケールの大きくて情熱的な演奏は圧巻でした。お見事!。ブラヴォーが盛大にかかり、聴衆の拍手に包まれる中、お二人もお互いに拍手を贈り合い、なんとも充実した演奏会という雰囲気でした。

アンコールの前に遠藤さんからお話がありました。なんでも土曜は一日中羽田空港にいたような状態で、札幌入りしたのは深夜0時を超えていたとのこと。そして、あとは今日このあと帰れるかどうか・・・とユーモアのあるコメント。

アンコールは、ラフマニノフのヴォカリーズと、サン=サーンスの白鳥の2曲が披露されました。どちらもしっとりとした良い演奏でした。悪天候の中、札幌に来てくれてありがとうという気持ちになりました。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント