札響第595回定期 飯守&ホジャイノフの「皇帝」と「指環」抜粋

コンサート(札響)
11 /26 2016
■ 札幌交響楽団第595回定期演奏会(夜公演)

 ベートーヴェン ピアノ協奏曲第5番「皇帝」
 ワーグナー 楽劇「ニーベルングの指環」より ワルハラ城への入場、ワルキューレの騎行、
         魔の炎の音楽、森のささやき、ジークフリートの葬送行進曲、ブリュンヒルデの自己犠牲

 飯守泰次郎(指揮)
 ニコライ・ホジャイノフ(ピアノ)

 2016年11月25日(金)19:00~
 札幌コンサートホールkitara


1曲目は「皇帝」。14型2管編成。コンサートマスターは大平まゆみさん。チューニングが終わり、ホジャイノフさんと飯守さんが登場。ホジャイノフさんはパッと見は細身のイケメン、神経質な芸術家という感じです。92年ロシア生まれで、2010年のショパンコンクールのファイナリスト、2012年ダブリン国際ピアノ・コンクール優勝などの経歴をお持ちだそうです。

「皇帝」は意外にも生で聴くのは初めてですね。あまり好きな曲ではないのですが、演奏は両端楽章の力強さ、第2楽章の繊細な美しさはたっぷり堪能しました。曲のせいもあるのかもしれませんが、この演奏会ではホジャイノフさんはわりと飯守さんにあわせていたように感じました。ピアノとは関係がないのですがホルンの下吹きにソロがあったり、第2楽章から第3楽章にかけてホルンだけの持続音があったりと、新たな発見がありました。

アンコールは2曲披露してくれました。リスト(ブゾーニ編)の「フィガロの結婚」の主題による幻想曲とグランド・ギャロップ・クロマティックでしたが、こちらは荒々しくも圧倒的な超絶技巧で会場を大いに沸かせました。すごい!

DSC_1844201611261436.jpg

後半は「指環」ハイライト。弦5部は16型に拡大。管打はフルート4(ピッコロ持替)、オーボエ3、イングリッシュホルン、クラリネット3、バスクラリネット、ファゴット3、ホルン8(ワーグナーテューバ持替)、トランペット3、バストランペット、トロンボーン4(コントラバストロンボーン持替)、テューバ、ティンパニ2、スネアドラム、トライアングル、タムタム、シンバル、グロッケンシュピール、ハープ2と、まあ舞台にびっしりです。

「皇帝」ではスコアを見ながらだったマエストロ飯守はワーグナーではなんと暗譜。さすがはオペラ指揮者ですね。

ワルハラ城への入場がはじまったとたんワーグナーの世界に引き込まれました。分厚い響きやトゥッティのときのものすごい迫力に快感を覚えます。飯守さんがプログラムに「ワーグナーの音楽の一番素晴らしいところは、極端に言えば人の心を操作するほどの圧倒的な表現力」と書いておられたとおりですね(笑)。6曲の中ではワルキューレの騎行、森のささやき、ジークフリートの葬送行進曲がとても良かったと思いました。

飯守さん、納得の快演だったのでしょう。タクトを置いた後、両手をがっちり合わせて楽団への感謝を示していたように見えました。

まことに聴きごたえたっぷり・腹いっぱいの演奏会でした。札響定期は年内は今回で終了。次の定期は約2か月後です。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

 595回定期公演のご盛会、おめでとうございます。飯守さんのベートーヴェンやワーグナーは聴き応えがありますね。ベートーヴェンもワーグナーも佳かったげですね。群響は先月飯守さんの指揮で、ベートーヴェンのエロイカ他でした。
 若い頃から、タクトさばきはスマートとは言えませんが、出てくる音楽は非常に情熱的で素晴らしいです。私の知人がアマオーケストラで飯守さんに指導してもらっていますが、彼曰く「音楽で何を表現するかがよく分かる指揮」なんだそうです。
 我が群響も本日は11月定期で、小山実稚恵さんのピアノ、デスピノーザさんの指揮で熱演でした。
 

Re: バルビ様へ

おはようございます。
「飯守さんの指揮はスマートとは言えない」は、私も全く同様の印象を持っております(笑)。でも音楽は実にいいですね。テンポや盛り上げどころのつぼを押さえています。「音楽で何を表現するかがよく分かる指揮」とはなるほどですね!

札響から1~11月定期で良かった3つを選ぶアンケートが来たので、本定期にも1票入れてしまいました。演奏そのものとプログラム構成で満足度が高かったからです。

群響さんはショスタコ5番ほかですね。熱演とのことで良い週末だったようですね~^^/
コメントありがとうございました。