ブロムシュテット/バンベルク響 東京公演

コンサート(海外オケ)
11 /04 2016
東京に遠征してきました。コンサート目的だけの上京は5年ぶりです。

■ バンベルク交響楽団 東京公演

 シューベルト 交響曲第7番ロ短調「未完成」
 ベートーヴェン 交響曲第6番ヘ長調「田園」

 ヘルベルト・ブロムシュテット(指揮)

 2016年11月3日(木・祝)19:00~ 
 サントリーホール

プラハのドイツ系音楽家によるオーケストラがルーツで、第二次世界大戦後、ソビエトの衛星国家となった旧チェコスロヴァキアの迫害を逃れ、西独バイエルン州の小さな街(人口7万人だそうです)に集まり、活動を再開したというバンベルク響は今年創立70年だそうです。聴くのは初めてです。指揮は結構好きなブロムシュテットさん。

オーケストラは14型。配置はステージに向かって左から、1stヴァイオリン、チェロ、ヴィオラ、2ndヴァイオリンの対向配置で、1stヴァイオリンとチェロの後方にコントラバスが一列に並びます。

1曲目「未完成」。ブロムシュテットさんはタクトを使わず指揮。テンポは中庸。モダンオケですがノンヴィブラートでのすっきり、きびきびした演奏です。やっていること自体は特殊ではないのでしょうが、もっと保守的な演奏を想像していたので意外でした。木管楽器も瑞々しく繊細でとても良かったです!。第2楽章は音楽に浸る心地よさに包まれました。1曲目からブラヴォーがかかっていました。

DSC_1845201611041041.jpg

2曲目の「田園」も「未完成」と同じスタイル。さらに対向配置独特の1stvnと2ndvnの音の掛け合いが際立って面白さが加わる感じです。第1楽章は年寄りくささ皆無のスピード感のある出だしでしたが、テンポに乗り切れなかったのか若干アンサンブルがばらつく場面もあったように感じました。しかし、その後はすぐにきっちり修正して機敏に反応。「嵐」の部分の迫力もありましたし、一音一音大切に奏でられた終楽章もホント美しかったですね。ふわっと、そして慈しむような最後の一音も印象に残るものがありました。素晴らしかった!。

ブラヴォーも多数かかり、聴衆の満足度が伝わってきます。万雷の拍手に応えてのアンコールは「エグモント」序曲でした。振り向きざまの一撃!、そして終始緊張感・力感漲る演奏に会場は大いに盛り上がっていました。

とても良い演奏会でした^^/。89歳のブロムシュテットさんは登場の時も指揮している時も若々しかったですね。あの元気さはなんなんだろう?。それから、2曲ともタクトを降ろすまで余韻を楽しんでからの拍手で、東京の聴衆のマナーが良かったという印象を受けました。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

 ブロムシュテットさん+バンベルク響東京公演、佳かったげですね。こうした演奏家・プログラムを聴きに東京まで遠征するということ自体、素晴らしいと思います。音楽への愛、情熱を感じ、とても嬉しく思いました。年齢は重ねても、私もそのようにありたいものだと、改めて感じました。
 ブロムシュテットさんは30年ほど前に、バンベルク響はシュタインさんとの演奏を20年ほど前に、いずれも一度ずつ聴きました。どちらも、ブラームスやベートーヴェンなどドイツ音楽の精髄を聴くことができました。ブロムシュテットさんの活力は、いまだもって凄いものですね。

Re: バルビ様へ

おはようございます。
愛や情熱は・・・、年1回ぐらいは東京遠征したいところですが、最近は本州の親戚宅に行くついでが多くなってしまいましたので^^;
バンベルク響いいですよね!。いい意味でローカルで、かつ時流も踏まえた好演だったと思います。ブロムシュテットさんの気力体力には脱帽です。
コメントありがとうございました。