イッサーリス(vc) ベートーヴェン チェロ・ソナタほか

聴いている音楽
11 /01 2016
今日から霜月。早々に日帰りの帯広出張。といっても夏の終わりの4つの台風の影響でJRは石勝線・根室線が今でも一部不通。帯広に行くには札幌からトマムまでの臨時特急とそこから帯広までの代替バスで片道4時間コース。

同じ4時間なら3列シートの高速バスがいいかも。ということで今回はバスで出張。清水町では川岸がえぐり取られ橋が何本も流された痕跡を目のあたりにしました。芽室町の巨大な製糖工場を見ながらTPPの影響でどうなるんだろうなんてこともボンヤリ考えたり・・・。

楽しいこともありましたよ。バスは映画が見れます。帰りは石原さとみさんと玉木宏さん出演の「幕末高校生」をやっていました。石原さんが美しくて、仕事の疲れが癒されました^^/

本題からそれました。その他車中で聴いていた音楽はこちら。

■ ベートーヴェン:チェロ・ソナタ全集ほか
 チェロ・ソナタ第1番ヘ長調 Op.5-1
 チェロ・ソナタ第2番ト短調 Op.5-2
 チェロ・ソナタ第3番イ長調 Op.69
 チェロ・ソナタ第4番ハ長調 Op.102-1
 チェロ・ソナタ第5番ニ長調 Op.102-2
 ヘンデルの『ユダス・マカベウス』の「見よ勇者は帰る」の主題による12の変奏曲ト長調 WoO.45
 モーツァルトの『魔笛』の「娘か女か」の主題による12の変奏曲ヘ長調 Op.66
 モーツァルトの『魔笛』の「恋を知る男たちは」の主題による7つの変奏曲変ホ長調 WoO.46
 ホルン・ソナタ ヘ長調 Op.17(チェロ版)

 スティーヴン・イッサーリス(チェロ)
 ロバート・レヴィン(フォルテピアノ)

 (Hyperion・2012年録音)

復元だというフォルテ・ピアノとガット弦のストラディヴァリウスによる小気味よく素朴で、それでいてここ一番の激しさやスケール感もたっぷりの演奏はすごく良かったです。ソナタ以外の「ヘンデルの『ユダス・マカベウス』の「見よ勇者は帰る」の主題による12の変奏曲」や「モーツァルトの『魔笛』の「娘か女か」の主題による12の変奏曲」あたりも気に入りました。

イッサーリスさんは過去に札響とサン=サーンスの第1番のコンチェルトを定期で共演する予定だったのですが、確かご家族のご病気か何かで来日できなくなったことを覚えています。一度聴いてみたかったチェリストですね。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント