クーベリックの「ハフナー」と「リンツ」

聴いている音楽
10 /03 2016
ラファエル・クーベリック指揮、バイエルン放送交響楽団の演奏によるモーツァルトの交響曲第35番「ハフナー」と第36番「リンツ」を聴いています。SONYCLASSICAL・1980年の録音です。ザールブリュッケンに引き続きドイツの放送オケが続きますが全くの偶然です。

巨匠風のスケール感や緩徐楽章の旋律を歌いぬくようなこともなく、ピリオド楽器による刺激的なものもないですが、バイエルンの美しい弦を中心とした合奏は高級感があって聴いていてとても心地のいいものがあります。

正直モーツァルトは普段あまり聴きません。趣向をこらしたハイドンのシンフォニーの方に惹かれるものがありますし、モーツァルトのは完全な2管編成にすらなっていない曲も多く、多様な響きを楽しむ点でもそのように感じます。ただ、今回聴きなおしてみて気づいたのは「リンツ」のメヌエットでのトリオの部分。オーボエとファゴットの掛け合いは、独特の鄙びた味わいを醸し出していて感じ入りました。

日曜日の札幌も晴れて気温が上がり、気持ちのいい秋晴れでした。今週は雨が何日かあるようで、最高気温が20度を切る日も出てきそうです。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

 そうでした。今年1月にオペラシティで聴いたスクロヴァチェフスキさんのブルックナー8番は、豪快そのものの演奏で、あの年齢からして本当に圧倒され感動しました。
 このクーベリックのモーツァルト演奏。私の大好物の演奏です。紹介、ありがとうございます。LP時代、モーツァルト後期の、3枚のLPレコードは、棚の一番良い位置に置き、いつでも取り出せるようにしておきました。それぞれ2枚ずつ所有していました。本当に凜々しく、美しく、豊麗な演奏です。録音はそれほど佳いとは思われませんが、とにかく演奏が素晴らしく、今でもほれぼれしています。
 

Re: バルビ様へ

こんばんは
スクロヴァチェフスキさんのブル8聴かれましたか!羨ましいです!目下聴いておきたい現代の巨匠の一人です。
そしてクーベリックのモーツァルト、いいですよね~。録音はCDでしか知りませんが、仰るとおり私もいいと感じませんでした。前に聴いたプラハ&39は番は録音レヴェルも低く、聴きにくいと感じました。
コメントありがとうございます。

大好き

こんにちは。

モーツァルトの後期6大交響曲をクーベリック/バイエルン放送交響楽団のCDを持っています。
どの演奏もそれぞれの曲のベスト3に入るものばかりで、みんな大好きです。

Re: よんちゃん様へ

こんにちは
よんちゃんさんも高く評価されているのですね。いい演奏ですよね~。私も40番&ジュピターを最初に聴いてから信頼を置いているコンビなのです(^^)/
コメントありがとうございます。