旧友来札

雑記
09 /05 2016
先日、長野に住む中学時代の吹奏楽部の友人から札幌に来ていると連絡があり、15年ぶりに会ってきました。

意外に今でも会ったりするのは中学の頃の友人だったりしますね。彼以外に2人ほど付き合いが継続しています。

すすきので合流。しばらくぶりだというのに、お互いぎこちなさもなく、すーっと昔のように話せるのは、昔過ごした時間の濃密さからか、それとも彼の不思議な能力!?のおかげでしょうか。

2時間ほどおおいに飲み食い、色々話をしました。彼もクラシック音楽好き(バルビローリのファン)ですが、この日はどちらかというと、中学時代の昔話、ちょうどkitaraで開催していたので聴いてきたという吹奏楽コンクール全道大会の結果、最近の吹奏楽演奏のレベルの高さ、同級生の吹奏楽指導者としての活躍など、同窓会的な話題が多かったですね。

すっかり盛り上がったところで、もう一軒行こう!となり、大通へ移動。

あっさり目にしようと思いましたが、選んだお店はなんとジンギスカン!。さすが元道民!。

メニューの中で2人ともネーミングに惹かれた「昔ながらの丸いラム肉」を注文。旨かった!。
DSC_1749201609052023_convert_20160905220226.jpg DSC_1750201609052023_convert_20160905220402.jpg

音楽に関しては私なんぞより、はるかに詳しく、感心するばかり。話は尽きないのですが、なんとか終電には間に合うようにおひらきに。

暴飲暴食で翌日は少々二日酔いとなりましたが、楽しい夜となりました。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

 級友との再会は、素晴らしいことですね。私は最近、同級生との親交をもっと大切にしなければならないと思っています。というのも、もう既に小学・中学の同級生が8人もこの世を去っているからです。はやすぎます。
 ツィマーマンさんのシューベルト。奇遇にも、このCDを所有していました。この曲集は大好物で、その旋律美に痺れますね。原稿交響曲は、別の意味で大好物です。この曲は、実演で聴きたいですね。グラーフさんの指揮は、素晴らしかったようですね。そしてドビュッシーとラヴェルのクヮルテットも大好物です。モーツァルトやハイドン、ベートーヴェンの同種の曲ばかりを聴いていると、この二人のクヮルテットの新鮮味が一層引き立つような気がします。

Re: バルビ様へ

こんばんは。
バルビさんの同級生はお亡くなりになられている方もいらっしゃるのですね・・・、友人関係の大切さをあらためて思いました。
シューベルト、ベルリオーズ、ドビュッシーととりとめなく、だらだらと聴いていましたが、普段は独墺系の曲を聴くことが多い中、仰るようにたまに聴くドビュッシーやラヴェルは新鮮で、クラシック音楽の奥深さを感じます^^/
いつもコメントありがとうございます。