ふきのとうホール夏のフェスティバル2016 「モーツァルト協奏曲の愉しみ」を聴く

コンサート(その他)
08 /11 2016
本州の猛暑・酷暑を尻目に、札幌の今朝は肌寒いぐらいの18度、日中の最高気温は29度、そして夕方には23度ほどと、ほどよく夏らしい日でした。

そんな山の日、コンサートに行ってきました。

■ふきのとうホール夏のフェスティバル
  第1日 モーツァルト協奏曲の楽しみ

 モーツァルト アダージョとフーガ ハ短調 K.546
 モーツァルト ピアノ協奏曲 第9番 変ホ長調 K.271「ジュノーム」
 モーツァルト フルートとハープのための協奏曲 ハ長調 K.299

 ゴットリープ・ヴァリッシュ(ピアノ)
 マリオ・カローリ(フルート)
 吉野直子(ハープ)
 神戸市室内合奏団

 2016年8月11日(木・祝)16:00~
 ふきのとうホール

DSC_1638201608112050.jpg

ふきのとうホールは札幌駅前に昨年誕生したばかりの221席の室内楽専用ホール。行くのは今回が初めてです。

さて、コンサートは音楽監督である岡山潔氏によるご挨拶と楽曲解説に引き続き、アダージョとフーガからスタート。

1981年創設の神戸市室内合奏団は4-4-3-2-1という編成。プログラムによると98年にゲルハルト・ボッセ氏を音楽監督に迎え、演奏・芸術水準を上げたとありますが、聴いてみて納得。バランスの整った綺麗なアンサンブルでした。

2曲目は「ジュノーム」。ホルン2、オーボエ2が加わります。

ピアノのヴァリッシュさんは、6歳でウィーン国立音楽大学英才クラスに入学、12歳で学友協会大ホールデビュー、ウィーンフィルとも共演歴があるとのことです。若々しく推進力に満ち溢れた演奏だったと思いますが、個人的にはもう少しテンポを落として、細かな音の装飾を楽しみたかったです。

アンコールにはシューベルトのハンガリー風のメロディが演奏されました。

休憩後はフルートとハープのための協奏曲。

フルートは22歳でダルムシュタット現代音楽祭で「クラーニッヒシュタイナー音楽賞」を受賞後、欧州を中心にご活躍だというイタリア生まれのカローリさん。ポリーニ氏やパユ氏から「偉大な表現者」と認めらている実力者のようです。

聴いてみると、こちらは大満足!。カローリさんは全身を使って、大きく、感情豊かな吹奏です。ハープの吉野さんも第一人者だけあって自信に満ち溢れた演奏で、両者の息がぴったりあった華やいだ演奏会になりました。

この曲は生で聴くのは2度目ですが、今回は前方席で聴いたことで奏者の表情や息遣いまでもがリアルに感じられ、前回を上回る良い印象が残りました。

アンコールは両者によりフォーレのシシリエンヌが演奏されました。カローリさん、ここではしっとり静謐な表現。良かった!。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント