PMFオーケストラ演奏会(ブラームス第4番ほか)

コンサート(PMF)
08 /01 2016
PMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル)のコンサートに行ってきました。


■PMFオーケストラ演奏会 《プログラムB》

 メンデルスゾーン 序曲「静かな海と楽しい航海」
 ベートーヴェン 「レオノーレ」序曲第3番
 ムソルグスキー 交響詩「はげ山の一夜」(原曲版)
 ブラームス 交響曲第4番*

 指揮:ジョン・アクセルロッド(PMF首席指揮者)
 PMFオーケストラ
 PMFアメリカ*

 2016年7月30日(土)17:00~
 札幌コンサートホールkitara大ホール



今年のPMFオーケストラの演目は3つ。芸術監督ゲルギエフさんのショスタコの8番、首席指揮者のアクセルロッドさんのマーラー4番と、このブラームス4番です。

PMFのオーケストラコンサートは、何といってもトッププロである教授陣が加わるメインプログラムが聴きものですが、前半の「レオノーレ第3番」も「はげ山の一夜」も良かった!。

レオノーレで2回あるトランペットのソロはホール3階からの吹奏。1回目はおそらく出入口の陰から、ややくぐもった音で、2回目は通路からと遠近感をつけたやり方でした。吹いたのは日本から参加したアカデミー生と思われます。

はげ山の一夜の原曲版はサロネン/LAPのディスクで聴いていましたが、やはり生では格別。言葉が悪いですが洗練されていないムソルグスキーの生の音楽にまさにフォービスムの絵に最初に接したときのように頭をガーンとやられる衝撃を感じました。

アクセルロッドさん、この曲ではタクトを置いて、唸り声をあげながら、体いっぱいを使った情熱的な指揮。いやぁ~面白かった。


後半はPMFの教授陣を務める主にアメリカの一流オケの首席奏者たちが各パートのトップに加わっての演奏。素人が聴いても響きの違いに驚かされます。

主な奏者はこんな感じ。
・コンサートマスター : ディヴィッド・チャン(メトロポリタン歌劇場管コンマス)
・フルート : ティモシー・ハッチンズ(モントリオール響首席)
・クラリネット : スティーブン・ウィリアムソン(シカゴ響首席)
・ホルン : ウィリアム・カバレロ(ピッツバーグ響首席)
・トランペット : マークJ.イノウエ(サンフランシスコ響首席) など

アクセルロッドさんのブラ4、これにも衝撃を受けました。

テンポは速めでストレート、響きは硬く強靭。金管特にカバレロさん率いるホルンセクションの鳴りっぷりはすごくて、迫力満点の演奏!。聴きながら「う~ん、これはショルティのブラームスだなぁ」と思ってしまいました(笑)。

ひな壇の最上段にホルン、トランペット、トロンボーンが横一列で、打楽器がその後ろという配置効果もあったと思うのですが、これではホルンが、あまりにもストレートに響き過ぎ、RA席で聴いていた私のところでも旋律、対旋律、ハーモニーから裏拍まで丸聞こえ。オケ後方の席ではバランスの取れた音楽が聴けなかったのではないでしょうか。このあたりにアリーナ型のホールでの配置の難しさも感じました。

話がそれました。迫力ある演奏の合間合間にはフルートやクラリネットの抒情的で陰影の深い演奏(特に第2、第4楽章)。こちらも息をのむ美しさでした。終演後にフルートのハッチンズさんがひときわ盛大な拍手を受けていましたが、私はクラリネットのウィリアムソンさんが素晴らしいと感じました。

アンコールにはブラームスのハンガリー舞曲第5番が演奏され、華やかに終演。2千円でこれだけの演奏が聴けたのですから、大満足です。

興奮冷めやらぬ状態でホールの外に出た午後7時の気温は25度。北海道も短い夏真っ最中です。

kitara近くにあるPMFの生みの親であるバーンスタインの銅像




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント