クーベリックのマーラー 交響曲第8番「千人の交響曲」

聴いている音楽
07 /21 2016


今月初旬にあった7月の札響定期は体調不良と所用で、夜・昼2公演いずれにも行けず聴き逃してしまいました。

札響定期は今シーズン末で597回。来シーズンの6月には600回の記念演奏会を迎えると思われます。何を演奏するのかな?。500回の時はマーラーの「復活」だったので、私が密かに期待しているのはマーラーの「千人の交響曲」なんです。

そんなこともあって、最近はクーベリック&バイエルン放送響の演奏で楽しんでいました。グラモフォンの1970年の録音ですが、オケよし、声楽よし、録音よしの秀演かと思います。金管の鳴りっぷりや、声楽・合唱の距離感も気に入っています。

「千人」はとっつきにくい曲で、なかなか理解も深まらないのですが、この曲の魅力は自分的には断然第二部です。

曲が進むにつれて深淵の度を増していき、最後の2曲、マリア崇拝の博士の「すべての悔いを知る優しき人よ」と神秘の合唱「すべて無常のものはただ映像にすぎない」は、曲の巨大さとも相まって、とりわけ感動的で素晴らしいと感じます。

生で聴いたら、うるうるくるかもしれないですね。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

 佳いCDの紹介、いつもありがとうございます。ファウストのトロイの娘たちの踊りは、その昔、音楽に夢中になっていた頃、FM放送のクラシック番組のテーマ曲でした。とても美しい音楽で、いっぺんに好きになりましたね。山田さんは今年3月はじめて、日本フィルを指揮したマーラー6番を東京で聴きました。エネルギッシュな指揮で熱演でした。
 マーラー8番は、やはり実演で聴きたいですね。私も、第二部に心酔しています。一昨年、ノットさん+東響ではじめて聴きましたが、音と音楽の洪水に、耳も心もやられてしまいました。凄い。! 600回、記念公演の演目にあがるとよいですね。
 

Re: バルビ様へ

こんばんは。
こちらこそいつもご訪問いただきありがとうございます。
ファウストのバレエ音楽のような”軽い”曲はたまに聴くと、とても心身がリフレッシュされ、音楽を楽しむ気持ちが呼び覚まされます。
山田さん、いいですね~。コメントを拝読し俄然生で聴いてみたくなりました^^
マーラーの8番も生で聴かれたのですね。こちらも羨ましい^^。相当エキストラは必要でしょうが、なんとか札幌でも実現してほしいものです。