ブリュッヘンのハイドン「V字」

聴いている音楽
07 /15 2016


今週は北海道も暑くなりました。予想通り半袖通勤になっています。

音楽の方はハイドンです。フランス・ブリュッヘン指揮、18世紀オーケストラの演奏で、ハイドンの交響曲第88番ト長調「V字」です。

PHILIPS・1988年の録音のようです。

両端楽章が軽妙洒脱で好きな88番のシンフォニーですが、ブリュッヘン盤では第2楽章が気に入りました。素朴で質素、木管の鄙びた味わいで、CDをかけていて、「おっ」となりました。

とてもいい感じです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

新鮮な響が堪りません!

sankichi1689さん、おはようございます。今、久しぶりに聴いています(^^)
ブリュッヘン/18世紀オーケストラ、やっぱり、良いですね~。
私の古楽器に対する苦手意識を完全に払拭してくれたオケです。
このシリーズのCDは演奏も音質もホント良いですね(^^)

Re: akifuyu102様へ

おはようございます。
フィリップスの録音が適度に柔らかく、ピリオド楽器のともすると生々しい音に
若干の潤いが加わっていい感じになっていると思いました。
ホントいいコンビでした!
コメントありがとうございます。