スラットキン/フランス国立リヨン管弦楽団 札幌公演

コンサート(海外オケ)
06 /24 2016
DSC_1539201602111939.jpg
■フランス国立リヨン管弦楽団札幌公演

 ラヴェル スペイン狂詩曲
 ラヴェル 高雅で感傷的なワルツ
 ラヴェル 「ダフニスとクロエ」第2組曲
 ムソルグスキー(ラヴェル/スラットキン編曲)
      組曲「展覧会の絵」

 指揮:レナード・スラットキン

 2016年6月23日(木)19:00~
 札幌コンサートホールkitara

フランス第3の都市リヨンのオーケストラを聴いてきました。

素敵なコンサートでした。すごく良かった!。

ざっくり感想を書くと「ダフニス」の「夜明け」、展覧会の絵の「キエフの大門」での軽やかで澄んだハーモニーがとりわけ素敵でしたね。低音を強調しすぎない上品な音を出す楽団かなと感じました。

さすが管の国だけあって「スペイン狂詩曲」のイングリッシュホルンや「ダフニス」のパントマイムでのフルートはエレガントでしたし、展覧会の絵のトランペットも太くて柔らかい品のある音でした。

それから今回の聴きものは展覧会の絵の編曲。ラヴェルのをベースとしてところどころスラットキンさんの編曲も交えるようなスタイルでした。「ビドロ」のユーフォニウムにホルン4本を重ねたり、ラヴェル編曲版にはない「サムエル・ゴールデンベルクとシュミュイレ」のあとの第5プロムナードがスラットキンさん自身の編曲で復活していてなかなか面白かったです。

アンコールは2曲。オッフェンバックの「ホフマンの舟歌」とスラットキンさんの作で「ツイスト・カンカン」が演奏されました。前者はとにかく美しい・・・ずっと浸っていたい、そんな美しさでしたし、後者は楽しくて、おしゃれ。にくい選曲です。

スラットキンさんはさっと登場して、挨拶、ぱっとタクトを振り下ろす。演奏後も妙に芸術家ぶらずにさっと観客の方を向きお辞儀、管楽器のソロ奏者の紹介も、テンポよくぱっぱと進めて、全員立たせて拍手を受け、颯爽と舞台袖に引き返す。粋です。

すごくいいコンサートだったのに客入りがイマイチだったのが残念。

演奏会が終わった21時の気温は19度。音楽の余韻に浸りながら歩くには実に気持ちのいい初夏の夜でした。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

素敵ですね

sankichiさん、こんばんは。
音楽に浸りたい時、よくブログを拝見しています。どの選曲もとても良くて日々癒されています。
コンサートの曲はなかなか同じものを聞くことはできませんが、たまたまyoutubeを見ていたらスラットキン×リヨン管2016年来日公演に寄せてというものがあり、指揮者の雰囲気もわかりました。ブログを見てコンサートを想像しながら同じ曲を聞いています。札幌は色々な公演を聞きに行くことができていいですね。
北の地の爽やかな初夏の夜に、管弦楽の音色を聞くのは素敵だろうなあと思います。

Re: hisakatano29様へ

おはようございます。
拙ブログをご覧いただいているようでありがとうございます。
自分の聴いているものを不定期にダラダラ書いているだけなのですが、他の人がちょっとでも関心をもっていただけ、また音楽を聴くきっかけになっているなら本当に嬉しいです。
札幌、今日は雨ですが、この時期は梅雨もなく、晴れた日は爽やかな陽気でとても快適です^^