尾高/札響 ベートーヴェン 交響曲第9番「合唱付き」

聴いている音楽(札響)
06 /07 2016


昨年買った尾高さんと札響によるベートーヴェン交響曲全集。2011年の札響50周年のシーズンでのツィクルスのライヴ録音です。先日、この9番をラストに1年かけてゆっくり聴き終えました。

 ■ ベートーヴェン
  交響曲第9番ニ短調 Op.125 「合唱付き」

  指揮:尾高 忠明
  札幌交響楽団

  ソプラノ 澤畑恵美
  メゾ・ソプラノ 竹本 節子
  テノール 福井 敬
  バリトン 福島 明也

  札響合唱団/札幌アカデミー合唱団/札幌放送合唱団

  (fontec・2011年)

全9曲を聴き終えてみて感じたのは、名だたる名盤・名演と比べると音の厚みや迫力の面で何歩も譲りますが、アンサンブルは充実していて隅々まできっちり整えられた演奏ではないかということ。

こうした面は特に1,2,4,7番など発揮されていると感じましたが、この9番も全楽章ムラなく仕上がっていて、結構気に入りました。2002年の録音より逞しさも出ていますし、独唱陣も高いレヴェルで拮抗しているようで聴きごたえがありました。

それにしても第9の第3楽章は体が溶けていくように感じるほど美しい・・・。

何十年も聴いているけど飽きが来ないのは不思議ですね。札響の演奏も木管がほどよく前面に出ていて瑞々しいと感じました。尾高さんも満足したんじゃないかな。

ちなみに解説書によると50年でツィクルスを行った指揮者は3人。

1人目は69年から75年まで常任指揮者を務めたペーター・シュヴァルツさんで70年に全曲を演奏したのが最初。2人目は山田一雄さんが89年から92年にかけて2回目を。3人目は尾高さんで2002年と2011年に3回目、4回目のツィクルスを行ったようです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント