小澤/BPO チャイコフスキー 交響曲第4番

聴いている音楽
05 /05 2016


連休後半は実家に行ってきたのですが、油断していたらばっちり渋滞にはまり、所要時間は7時間もかかってしまいました。いやぁ~疲れた、疲れた。今日は所用があったので早朝4時半に出ましたら、今度は快調。4時間半で帰ってこれました。

函館は行くたびに寂れていくのですが、駅前の棒二森屋デパートにある無印良品だけは大盛況でしたね。若い人も結構いて安心しました(笑)。新幹線効果も多少あるのでしょうか、観光地も賑わっていた感じでした。

さて、少し脱線してしまいましたが実家で聴いた音楽は、置きっぱなしのCDから小澤さんがBPOと入れたチャイコの4番です。89年の録音。

これ、なんで持っているのか全く覚えてないです(笑)。でもジャケットがいいですね。この演奏を聴くときはいっつも眺めながら聴くんです。なんか音楽にぴったりでいいんですよ。

肝心の演奏の方は、小澤さんらしいというか、冒頭のファンファーレや第3楽章なんかを聴くとはっきりするのですが、リズムとかバランスとかを非常に真面目にきっちりやっている立派な演奏。全体の雰囲気はドイツのオーケストラとは思えない無色な感じですが、これはこれでいいんじゃないでしょうかね。自分的には結構気に入ってます。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント