ショスタコーヴィチの交響曲第4番

聴いている音楽
04 /27 2016


ショスタコの第4番。ほとんど初めて聴きました。オレグ・カエターニ指揮、ミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディ交響楽団の演奏。

ようわからないこの三楽章の交響曲・・・。両端楽章が25分ぐらいで、第2楽章が10分弱というバランスも異様。

でも何度も聴きましたよ。地下鉄通勤の音楽として(笑)。そうしたら、なんとなくわかってきました!。

まず第3楽章から見えてきました。今ではすごくいい音楽に感じています。前半のラルゴの部分は彼の交響曲随一という巨大な編成をいかしたスケール感がすごいですし、高音で鳴り続ける不安な木管と低弦の動機で始まるアレグロに移行する部分のかっこいいこと!。ラスト近くの打楽器に先導された金管群の咆哮もおもしろい音楽です。

オーケストレイションの手腕が遺憾なく発揮されていて焦燥感、切迫感、緊張感を描き出していく音楽に釘付けになります。そして、ユニゾンでの音の動きや、旋律に重なるグロッケンシュピールやシロフォンはショスタコ音楽だとはっきりわかる個性ですね。

次いで第2楽章もわかってきましたが、第1楽章、う~ん、これだけは手ごわいです。掴みようのないとりとめのなさ・・・。一瞬一瞬の音楽は面白いのですが、なんだか、どんどん目の前を過ぎ去って何も残らない感じ。この楽章は聴きこみがまだまだ足りないようです。

さあ、明日は出張。そして週末はなんだか天気が不穏。道東は雪の予報も。GW前半は振るわなそうな北海道です。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんばんは。

sankichi1689さん、こんばんは。

ショスタコーヴィチの4番を最初に聞いた時は不思議な曲だなあと思ったのですが、今ではすっかり嵌ってしまいました。気が付くと頭の中でこの曲が鳴っていることがあります(笑)。

書かれているとおり、この曲は主題が移行する時のパッセージが格好良いんですよ!コラールのあと、最後の謎めいた終わり方も大好きです。ちなみに指揮者で相当印象の違う曲だとも思うのでいろいろ聞かれることをお薦めいたします。

Re: ばけぺん様へ

おはようございます。
返信がしっかり遅くなり失礼しました。
ばけぺんさんはお好きでしたよね。この曲。以前記事でも拝見させていただいような。
そんなこともあり私も食わず嫌いはいかんと思い立ち挑戦してみることにしたのですが、これがなかなか良かった!。
解釈の幅もはっきり出そうで、仰るように色々な指揮者で聴いて見たくなりました。
コメントありがとうございました。

まさに暗号みたいなシンフォニー

ショスタコの4番ですけど、1990年代に一時期
東京モード学園のテレビCMに使用されていて驚いた事が
あります。
というかこの交響曲があのショスタコの5番の一つ前の交響曲であるという事実の方に大変興味がひかれますし、ショスタコ自身が
初演直前のこの曲を撤回し楽譜を全て回収したという
歴史の重みにショスタコ自身の頭痛のタネを感じたりもします。
果たしてこの曲があの時初演されていたら、ショスタコ自身は粛清の対象になっていたのか・・という事を考えると、その後の「自分の身を守るために作られた」とも言える5番の解釈も変わってくる感じも
あったりしますね。

その辺りは聴く人の感じ方の問題なのかもしれないですね。

第三楽章の自虐的な雰囲気が実に素晴らしいと思います!

Re: ぬくぬく先生様へ

こんばんは。
返信がすっかり遅くなってしまいすいません。。。
この曲テレビCMで使われていたのですか。全く知りませんでした^^;
ぬくぬく先生さんのコメントを拝読し、またまた聴き返したくなり、第3楽章を聴いています。
だんだんと耳に馴染んできました。確かに自虐的かも・・・。
コメントありがとうございました。