ドラティ コダーイ 組曲「ハーリ・ヤーノシュ」

聴いている音楽
03 /29 2016
昨日、積雪ゼロとなった札幌。3月中のゼロは昨年に引き続き2年連続です。ようやく春を実感してきました^^

音楽の方はコダーイの「ハーリ・ヤーノシュ」です。

ハンガリーの名匠、アンタル・ドラティがフィルハーモア・フンガリカを指揮したこの録音はすごく有名なんですけど、どうしてだか聴いたことがありませんでした。

感心したのはⅢ「歌」。ヴィオラがすごくいい音!。そして懐かしさを覚える心のこもった演奏。続くクラリネット、オーボエも同様で、それにからむツィンバロンは音量豊かに録音されていて、結果、独特なオリエンタルな情緒が楽しめました。たった5分の曲なのですが、本当に素晴らしいと思いました。

もちろん他の部分、冒頭のくしゃみも思い切りのいい演奏で雰囲気でているように感じましたし、Ⅳ「戦争とナポレオンの敗北」、Ⅵ「皇帝と廷臣たちの入場」は、それこそ吹奏楽ではメジャー中のメジャーだけあってなじみ深いのですが、お国物で自家薬籠中といった趣きですね。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

 ハーリ・ヤーノシュは、民族色豊かで、どの曲も特徴が有り素晴らしいですね。ツィンバロンの音色が、何だか懐かしいような気分にさせてくれます。
 群響はコバケンさんの指揮で、定期公演にこの曲を取り上げました。もう20年以上も前のことになりますけれども。その時、終曲後、ヴェテランのヴィオラ奏者の方を何度も何度も讃えていたことを覚えています。生で聴くツィンバロンの音色は、きらびやかだったですね。

Re: バルビ様へ

こんばんは
ハーリ・ヤーノシュを生で聴かれたのですね!羨ましい!
この曲編成がすごく多くて、またツィンバロンもあったりとおいそれとは取り上げにくいのに、しかも在京オケ以外でやるとは群響さんは意欲的ですね。そしてやはりヴィオラ、ツィンバロンが魅力ですよね。札響で聴きたいと強く思いました。
コメントありがとうございます。