尾高/札響 ベートーヴェン 交響曲第5番

聴いている音楽(札響)
02 /26 2016


またまたベートーヴェンの第5を聴いています。2011年に行われた楽団創設50周年のツィクルスから11月の第543回定期のライヴ録音です。

単身赴任中で聴けなかった演奏会です。

尾高さんのインテンポで若々しい第5。

弦を中心にアンサンブルは素晴らしいと感じました。第2楽章で旋律を担うトランペットの音色がオケ全体によくなじんでいるのも好印象ですね。

一方で低弦の迫力、ホルンのアクセント、管楽器全般の主張はもっとあってもいいかもしれません。

結果、墨絵のような印象になりますが、全体を俯瞰してみると、特定の楽章が突出することのなくコンパクトですっきり端正。楷書体の造形美を感じる演奏でもあります。

話は変わりますが、いやぁ~寒い。昨日は今シーズ一番の-10.9度まで冷えました。一体どうなってんだぁ???。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

 尾高さんのベートーヴェンは聴いたことがないので、是非聴いてみたいものです。ジュリーニのベートーヴェンは堂々としていて、余裕があり、大きさを感じます。素晴らしいですね。クレンペラーの指揮とはまた別の広さ・大きさです。私は彼の指揮した第3番が最も好きです。第5番は持っていないので、手に入れたいと思います。
 本日はこれから群響の公演。指揮は久しぶりに「炎のコバケン」さん。演目は、実演では以外にも聴いたことがないドヴォルザークの「新世界より」です。彼の得意とする演目の一つですね。「炎の演奏」を期待しています。

Re: バルビ様へ

おはようございます
尾高さんのベートーヴェンは東京で生で聴けるかもしれませんね。
ジュリーニとクレンペラーは似ているようで、仰るとおり別の広さ・大きさを感じますね。クレンペラーは意外に芸が細かい印象です。
群響/コバケンの「新世界より」、いいですね~^^ 好演をお祈りいたします!
コメントありがとうございました。