金聖響/神奈川フィル マーラー 交響曲第10番

聴いている音楽(国内オケ)
02 /13 2016
   

土曜なのに午前中は会議でした。ふぅ。

そして雪まつりの終わりを待っていたかのようにぐんと気温が上がって帰宅時には8度超え。道路が洪水状態・・・。明日、日曜日は9度かと思ったら月曜からは3日連続真冬日の予報が出ています。やれやれ。

さて、最近聴いている音楽は金聖響指揮、神奈川フィルによるマーラーの交響曲第10番嬰ヘ長調。デリック・クック補筆完成版です。2013年2月14,15日の横浜みなとみらいホールでのライヴ録音。

マーラーの第10はまだまだ自分の中でも未知の部分が多いですね。勉強中といった感じです。

なのにブログにわざわざ書くのは、神奈川フィルさんがなかなかいい音出しているからです。各パートは安定していますし、何よりオケ全体が響くときのサウンドが綺麗です。金聖響さんはしつこさはないですが、特に第5楽章で見せるスケールの大きな演奏は素晴らしいと感じました。ラスト7~8分は感動的でもあります。

みなとみらいホールの録音もいいですよ。バスクラリネットのピアニッシモなんかも自然でクリアに録音されています。いいディスクだと思います。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント