チケット購入

音楽
02 /11 2016


まだまだ先ですがスラットキン/フランス国立リヨン管の札幌公演のチケットを購入しました。

フランスのオケを聴くのはプレートル/パリ管以来ですね。フランス物の王道プログラム、楽しみです。

N響にも客演しているスラットキンさんはアメリカ音楽界の重鎮・巨匠なんでしょうけど、これまで就任してきたポストをざっと見渡すと何ともビミョーな感想をもってしまいます。CDを聴いてもイマイチ印象に残らない感じで・・・(笑)。

さて、実演に接してみたら何か違う印象になるでしょうか。

というか自分は札幌にいるのかな??。考えずに買ってしまった(笑)。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

 スラットキンさん+フランス国立リヨン管の札幌公演、楽しみでよいですね。どうもここは、大野さんのリヨン歌劇場と勘違いしてしまします。ちょうど私はこのコンビ、1年半ほど前、東京で、小菅優さんとのラベルのコンチェルトやサンサーンスの第3番など、オールフランス物をいただきました。明るく、綺麗な音のオーケストラだなと感心しました。非常に的確・明確な指示で、オーケストラ全体の音の配合が見事だと思いました。
 スラットキンさんのポストについては、私も同感です。御年70歳ぐらいですから、まだまだですけれどね。でもまぁ、指揮者は本当にわかりませんね。80歳を過ぎてから超有名になる人だっているんですから。何がおこるか……。

Re: バルビ様へ

こんばんは。
このコンビ聴かれたのですね。バルビさんのお耳による感想なら間違いないですねっ。楽しみになってきました。
スラットキンさんを聴いた数少ない感想では重厚な音楽を作るタイプではないように思えたので、フランスのオケは相性がいいかも知れないなんて思っていました。
コメントありがとうございます。