広上/ノールショピング響 ショスタコーヴィチ 交響曲第5番

聴いている音楽
01 /26 2016


お正月に街の中古CDショップで買ったもの。ジャケ買いです。広上淳一さんが1991年から1996年まで首席指揮者を務めたスウェーデンのノールショピング響との録音を聴いていました。

1993年の録音でオケともなじんできた頃でしょうか。1994年には来日公演(行かなかったけど札幌公演もあったような)も行っていますね。

演奏の方はというと、弾けるような若々しさを期待したのですがあまり感じられず・・・。特徴的に感じた点は、第1楽章での全オーケストラがユニゾンで奏でるところが随分とおおらかで明るい印象だったこと、第4楽章冒頭のテンポ設定がバーンスタインのように速いことでしょうか。

歴代首席指揮者にブロムシュテット、オッコ・カム、ウェルザー=メストらが名を連ねているだけあってオーケストラの水準はなかなかだと感じました。

残念だったのは録音レベルが低すぎてヴォリュームをうんとあげないとならない点ですね。これはいただけません。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

 ポンマーさん+札響さんの特選、おめでとうございます。ご同慶の至りです。同じ地方オーケストラファンとして、とても嬉しく思います。今後の益々の活躍を祈念しています。 
 広上さんの、このショスタコーヴィチは、私も持っているはずです。はずなんですが、根っからの「忘れん坊気質」と「片付けできない気質」が相乗されて、探しても見当たりません。こうなると、俄然聴きたくなるもの。どこへいったかな?

Re: バルビ様へ

こんばんは。
地方オケのローカルネタに共感いただき当方も嬉しく存じますm(__)m
広上さんのショスタコお持ちでしたか!。彼らの本領は収めきれていない感じがしました。ライヴなら違った感想だったかもしれませんね~
コメントありがとうございました。

こんばんは。

sankichi1689さん、こんばんは。

広上さんにこんな録音があったなんて知りませんでした。広上さんの溌剌とした指揮振りが存分に発揮できそうな曲ですが、スタジオ録音で生気のある演奏を残すのはなかなか難しいんでしょうね。録音レベルが低いとなおさら元気なく聴こえますよね。でも、終楽章が速いのは良いですね!

Re: ばけぺん様へ

こんばんは
私も偶然見つけたのでした。そうですね、仰るとおり録音では限界が・・・この人の面白さはライヴですねっ。終楽章は疾走感溢れる演奏でした!
コメントありがとうございます。