広上/京響 R.シュトラウス 歌劇「ばらの騎士」組曲

聴いている音楽(国内オケ)
12 /06 2015
DSC03619201512051310.jpg

先週聴いていた音楽はこちら。

広上淳一さんが京都市交響楽団を指揮した2012年7月の第559回定期の「名曲ライブシリーズ3」というディスクの中からR.シュトラウスの歌劇「ばらの騎士」組曲です。

いやぁ、これにはたまげた!。びっくりした!。今年、というか近年最も衝撃を受けたディスクかも・・・。

極端といっていいほど長いアウフタクト。まるでジュリーニのようなゆっくりとしたテンポで築き上げられるクライマックス・・・。スケール感と陶酔的な響きで頭がクラクラきます。音楽評論家の許光俊氏は「17分過ぎから信じがたい領域に入る」、「ニルヴァーナの至福」なんて言葉を使って評しています。

京響さんもお見事。さすが都会のオーケストラは上手いですねぇ。甘さたっぷりで艶やかなヴァイオリンをはじめとした弦楽器と、この曲の要のホルンの朗々と豊かな響きは特に秀逸に感じました。

自分の中での広上さんへの信頼というか期待がぐんと増した、そんなディスクでした。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

 このディスク、私も時々聴きます。私はこの素晴らしい演奏をあるサイトで知り、俄然聴きたくなり、すぐに手に入れました。おっしゃる通り、自在の表現力は本当に凄い。
 広上さんの力は無限ですね。日本にはこうした凄い指揮者がたくさんいます。驚くべきことだと思います。
 京都市響も頑張っています。東京だけでなく、こうして様々な地方のオーケストラが頑張る日本。誇らしいことです。

Re: バルビ様へ

こんばんは
バルビさんもお持ちでしたか、このディスク!。いいですよね!。広上さんは素晴らしい表現者だと思いました。地方オケの常任指揮者にあることは財産ですね。
コメントありがとうございました。

熱気感じる京都市響

sankichi1689さん、こんばんは。
以前にNHKのクラシック音楽館でマーラーの巨人を広上さん指揮/京都市響で聴きまして、見事な演奏に驚いたものです。関西の中でも今や圧倒的にトップを行く勢いですね。実演に触れてみたいですが安いチケットは直ぐに完売なんですよ。

Re: akifuyu102様へ

こんばんは
akifuyu102さんのお住まいは京都に近くていいですね~。羨ましい^^。
でも安いチケットは完売ですか・・。今、一番ホットなコンビなのかもしれませんね。ホント驚きました。素晴らしい演奏です!。
コメントありがとうございます。