リン・ハレル(vc) ハイドン チェロ協奏曲第1番

聴いている音楽
11 /30 2015
DSC03617201511291629.jpg

晴れて気温が4度まで上がった日曜の札幌。ハイドンを堪能しました。

リン・ハレルというチェロの名手は名前は知ってはいたものの、これまたなぜか縁がなかったので聴いて見ました。ハイドンの1番のコンチェルト。マリナー指揮のアカデミー室内管弦楽団による演奏。(EMI・1981年録音)

すごくいいですね。第1楽章冒頭からチェロの最初のフレーズを聴いた部分で確信できました。実に朗々と伸びやかに歌っていて、聴いていて気持ちがいいです。第3楽章のテンポ感も気に入りました。速すぎず遅すぎず隅々までじっくり丁寧に演奏していて、聴く方も愉悦感に浸れます。

独奏チェロの中低音の厚みのある音から高音、弱音など細かなニュアンスも自然に感じられるストレスのない録音もgoodです。

第1楽章のカデンツァは自身の作とのことですが、2分半近くある大作。最後にシューベルトのグレイトの終楽章?のようなフレーズがちらっと顔を出して面白いです。

それにしても第2楽章の深みのある楽想や第3楽章のヴィルティオーゾな雰囲気はハイドンが30歳そこそこで書いたとは思えないほどの充実ぶりだなあ。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

リン・ハレル

寒いですね。これからまだまだ寒くなるかと思うと、通勤の気分は下降線ですが、音楽で紛らすに限ります(^o^)/
リン・ハレルは、アルペジオーネ・ソナタなどを愛聴しておりますが、クリーヴランド管時代に、こんなエピソードがあったらしいです。
http://blog.goo.ne.jp/narkejp/e/f389005155573e25db448bdd21c8872f

Re: narkejp様へ

こんばんは
明日から天気は下降線で荒れる模様らしく、気が滅入ります。ました。オケマンからソリストとして活躍する人が目立たないのはコンクール優勝者が目立ち過ぎだからでしょうか。リン・ハレルのエピソード読ませていただき、ふと考えてしまいました。
それにしてもこのハイドンはいいです!
コメントありがとうございます。